a0138032_1963664.jpg

a0138032_1972675.jpg

a0138032_197507.jpg

a0138032_442178.jpg

a0138032_1984285.jpg

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
或る日少年は学校から帰り誰もいない部屋のTVをつけた。
煤けたブラウン管の向こう側で哭いている女がひとりいた。

少年はランドセルを肩からおろしTVの前に座った。
頬を伝い流れ落ちる涙を拭いもせず静かに。
瞼を腫らし流れ落ちる涙を拭いもせず強く。
夕刻の部屋は仄暗くフラッシュだけがその部屋を包んでいた。
少年はただ訳も分らず行方を見つめ続けた。
嗚呼...大人の女はこうして哭くのだ...と思った。
大人の女は男のためにこうも変わるのだと知った。

のちに少年は大人になった。
数年を経て大人という枠の世界に身をおいた。

かつての少年はまだ生きている。
かつてブラウン管の中で哭いていた女も生きている。
それぞれに身を置く世界は違えども共に生きている。
それは同じ時代に生きているという残酷な神のなす悪戯。

少年は女の行方を決して忘れはしなかった。
少年は青年を経て。女はおんなを経て。
共に髪に白いものが混じる年齢に達していた。

少年は青年期に女の言葉や台詞を追い続けた。
寝る暇もなく移動しつづける間も付き人はつけず。
己で髪を結い己の感性のままにドレスを選ぶ。
馴れ合いになるのは嫌だと語る。
自分に与えられた仕事は断らないと語る。
私は男のひとが好きだから結婚はしないと語る。

少年は所謂オッサンと呼ばれる年齢に達していた。
街を歩き 電車に乗り 与えられた仕事をこなし。
くたびれて書店へと通い くたびれては紙の匂いを求めた。
花に水を遣り お湯を沸かし くたびれては針を落とした。

少年がかつて観た会見は ヤラセだというゴシップも後になって知った。
けれどそんなことはどうでもいいことだった。
女が熱い涙を流したことは事実だった。
少年が胸を焦がしたことも事実だった。

かつての少年の家には たくさんの女が出入りしていた。
少年よりもずっと年上で 優しくもしたたかな女たちだった。
したたかでありながら気だてもよく明るい女たちだった。
一号はもちろん、二号...三号。零号さえいたかもしれない。
わたしはとても可愛がってもらったのを憶えている。

けれど少年が初めて『おとなのおんなのひと』と意識したのは
会った事もないブラウン管の向こう側で座って哭いていたひとだった。
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
このアルバムを手にしたのは20代半ば頃だったと記憶している。
私は作家でTVを観、監督で映画を観、作詞家で曲を探し、作曲家でレコードを買う。
そんな変な癖がある。90年代...筒美京平氏の仕事が再評価されつつあった時代だった。
このレコードも随分探し回ったが プレス数が少ないのか なかなか出会えずにいた。
私は細野晴臣氏の創る...所謂、『歌謡曲』と呼ばれる音楽が今でも大好きだし、
TIN PAN ALLEYが全面参加した同時期の『アワー・コネクション』も愛聴盤である。
このアルバム『FANTASY』は出会ってから10年以上経った今でもよく聴いている。
アルバム名にたがわず なんとも不思議な浮遊間あふれる力強い1枚である。
筒美京平氏のシングル盤(/B)もすんなり。(強いて云うならface-1 track.5は浮いている)
このアルバムの為に書き下ろされた数曲は他に追随を許す事のない真新しいもの。
face-1*face-2の共に後半を飾る『霧にまかれて』と『つむじ風の朝』。
この両曲は私のなかでは既に殿堂入りのプログレである。是非単独で再発を願う1枚。
矢野誠氏のアレンジも実に素晴らしい。ちなみに氏は 矢野顕子さんの最初の旦那さま。
ジャケット・ライナー、共に写真は篠山紀信氏。
------------------------------------------------------------------------------
『FANTASY/いしだあゆみ』*〜YS-10133-J/NIPPON COLUMBIA〜1972.12*
face-1
1.雪の景色(橋本淳/三原綱木/矢野誠)
2.愛の芽ばえ(橋本淳/矢野誠/矢野誠)
3.しあわせ(橋本淳/矢野誠/矢野誠)
4.かりそめの恋(橋本淳/三原綱木/矢野誠)
5.愛よ行かないで(橋本淳/筒美京平/高田弘)
6.霧にまかれて(橋本淳/岩沢幸矢/矢野誠)
face-2
1.絵本の中で(橋本淳/筒美京平/筒美京平)
2.オー・マイ・ライフ(橋本淳/日野原幼紀/矢野誠)
3.白いしあわせ(橋本淳/筒美京平/筒美京平)
4.絵がかけたなら(橋本淳/岩沢幸矢/矢野誠)
5.つむじ風の朝(寺田柾/日野原幼紀/矢野誠)
6.ブルー・パール(橋本淳/筒美京平/筒美京平)
------------------------------------------------------------------------------
face-2~track 5.{つむじ風の朝/作詩/寺田柾}

つむじ風の朝に
紋白蝶の羽が飛ぶ
こらえた怒りが ただひとつ
つむじ風の朝に
紋白蝶の羽が飛ぶ
こらえた怒りが ただひとつ

くぐりぬける 海の底
何もかも なくなって
消えたあの虹 ア......

この道は この道は いつか来た道

つむじ風の夜に
紋白蝶の羽が飛ぶ
やさしいふるえが ただひとつ
つむじ風の夜に
紋白蝶の羽が飛ぶ
やさしいふるえが ただひとつ

くぐりぬける 闇の底
何もかも なくなって
消えたあの時 ア......

この道は この道は いつか来た道

------------------------------------------------------------------------------
私は自分の目でみたものしか信じない。
人づてに聞いた話も信じない。
風の噂も信じない。
形あるものしか信じない。

愛は目に見えないもの。
風は目に見えないもの。

けれど...愛は人が心を惹かれ動かされ、
それぞれお互いが何かしらの行動に出て生まれ育まれ育つもの。
つむじ風は枝葉を...砂をさらうことによってその存在を見せる。
身を以て体感したことだけが必ずしも真実とは限らない。
けれど身を以て体感したことがいちばん 「より真実に近い」...はず。

G d D

[PR]
a0138032_7112866.jpg

a0138032_7141984.jpg

a0138032_720592.jpg

a0138032_7223575.jpg

a0138032_7234599.jpg

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
1.椿『卜半/月光/ガッコウ』
数年育てていますが、今年の卜半は今までに見たどの姿より美しいです。
その年によって中心部の唐子弁に散り斑が入ったり入らなかったり。
なによりも今年は...黒椿に近いような翳りを帯びながら
同時に光を放っているかのような艶やかさ。まことに美しいです。

2.『花梨』私にとって...とても想い出深い樹のひとつ。(撮影/3月23日)
春そのもののような...野生種の薔薇のような...一日花ですが心惹かれるものがあります。
この冷たい雨があがったら、あの凛とした花にもうすぐ出会えるでしょう。

3.『ヤブレガサ』先日...鉢を整理していて、このふた芽を発見したときの歓び!(笑)
今年は手前にもうひとつ芽が見えます。妖精が3人になったらまたお披露目。

4.『Rosa willmottiae』ほぼ均等に米粒大の蕾がついています。
昨年の暮れ、私の背丈をゆうに超すこの苗を電車で運び帰ったことも今では笑い話。
今年は久々に配置変えをし、窓を開けたらいちばんに目に飛び込んでくる場所に。
シナモンのような枝の色。そしてなによりもその葉の愛らしさ。枝垂れ梅のような樹型。

5.ユリは深植えが基本とされていますが、黒百合だけは毎年こうして植え付けています。
沈んでも地上部に引き上げます。去年はひと芽。今年はふた芽。
乾燥を嫌いますから苔は必須。夏場など...時には全体を覆ってあげたりもします。
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
綴っては破り捨て。
破り続けては綴り。
真夜中にひとりで綴る黒百合日記。
誰も知らない黒百合日記。
------------------------------------------------------------------------------

G d D

[PR]
a0138032_132129.jpg

a0138032_1323118.jpg

a0138032_1325490.jpg

a0138032_1333917.jpg

a0138032_1335612.jpg

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
1.花桃。『香水月季』と同じショットですがフォーマットが違うだけ。
2.私の大好きなガリカの『紫玉』。おそらく好きな薔薇の五本指には入るかな。
花も枝葉も散り際も秋の紅葉も...すべてにおいて好きな薔薇ですが、
春の芽だしの季節は毎春、胸を鷲掴みにされてしまいます。
3.白椿『雪舟』。花も小ぶりで花期も冬から春へとたいへん長いです。
椿は花の大きさと葉とのバランスが決めてのように思います。
4.『香水月季』と同じく多肉のクラッスラーの花。小さな雪柳のよう。
5.まるで姫林檎かサクランボか。株全体のバランスも非常に可憐。
------------------------------------------------------------------------------
私が昔から女性に抱いている印象、そのひとつ。
わたくしでもなく、わたしでもなく、『あたし』。
女性がいちばん情感豊かに聞こえる響きです。

よって『アタシ』と発音する女性は人生の『色』において得をする(気がしている)
色に富んだ人生か、富や安定...名声に恵まれた人生か。
隙のない女性、しっかりした女性は『富』や『名声』において成功を得るかもしれない。
隙だらけの女性は富に恵まれなくとも愛を手中に納める術を技巧ではなく身につけている。
それは育った環境や経験値によって大きく変わるものであろう。
それを同時に使い分ける女性は破滅の淵へ一気に転がり落ちるか、
足枷に縛られながらも外目には豊かな家庭の女性として生涯を終えるだろう。
男は自然とウソを感じ取ることのできる素直で馬鹿な生き物だから。

私は少しだらしないくらいの女性が好きだ。
お堅い公務員然とした女性が定時で仕事を終えたあと
ガードレールに凭れて待っているチンピラみたいな男と
連れ立って腕を組み映画館へと...夜の街へと消えてゆく。
その一連の流れを目にしたなら、
たとえその女性が美しくなかったとしても、
第三者の目にはとても色っぽく映るでしょう?
------------------------------------------------------------------------------

すっかり春めいてまいりました。
当ブログも少しだけ...更新頻度を上げようかと思っております。

G d D

[PR]
# by Noir-Z | 2010-03-20 00:00 | 月季
a0138032_6502835.jpg

a0138032_6513829.jpg

a0138032_7201026.jpg

a0138032_8233873.jpg

a0138032_7191535.jpg

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
1.このヘレボルスは先日『香水月季』でUPした〜Spring ephemeral〜
上から数えて22番目の株の開花後、終焉の姿です。ちょっと見直したかな。
ちなみに昨年の開花の様子は「Black Widow」7~8番目の姿。
随分印象が違います。実は8号鉢の大株でちょっと困ってました(笑)
でも今年、この姿、蕾がつき開花に至るまでを観察し、好きになりました。
スパルタ愛培...続けます。ちゃんと植え替えするつもりですから(笑)
2.素敵な蕾。開花が待ち遠しいです。
3.ふたつとも同じ花。
4.今年はddが多いですね。肉眼で見ると実は赤みの少ない〜スモーキーグレイ〜。
「哀しみのスパイ」ってところでしょうか。渋くてよい花です。
よってこの株の名は『モスクワ』に決定。
5.毎年律儀に咲きます。実にシンプルでよい花です。
誤って飲んでしまった毒は『白』がすべて帳消しにしてくれます。
白い花にはそれだけの威力があります。
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
『Dressed to Kill』〜殺しのドレス〜。
1980年、ブライアン・デ・パルマ監督作品です。
私がまだ少年だったころ、TVでも頻繁に放映されていました。
規制の厳しい現代ではどうなのでしょう?
個人的にはブライアン・デ・パルマの作品の中でも
よくできた作品のひとつだと思っています。
(特別好きな監督さんではありませんが「ブラック・ダリア」はガッカリでした)
随所に漂うB級っぽさも好きですね。
タイトルも抜群によいですし、
舞台はNY、主人公はその日暮らしの娼婦。
カメラワークなど、実に監督「らしい」外連味たっぷりな仕上がり。
30年経った今でも、様々な映画で、(洋邦問わず)
あぁ...このシーン、このカットは『殺しのドレス』だな...、
なんて思わずニヤけてしまうほど象徴的な場面が多いのも事実。
ゆきずりの美術館での長回しは特に印象に残っています。
私が『年増』って言葉を覚えたのもちょうどこの年頃でした(小学生!)
1枚目のヘレボの色彩に昨年私が抱いた80'sな印象も
.....強ち外れてはいなかった訳です。

G d D

[PR]
# by Noir-Z | 2010-03-17 07:00
a0138032_7133499.jpg

a0138032_71644.jpg

a0138032_7174482.jpg

a0138032_7184672.jpg

a0138032_7195841.jpg

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
1.『H. hybridus』とても好きな花のひとつ。退色してからもたいへん美しいです。
2.『H. gold』ゴールドって...手許に置いて仔細に観察するとすごく面白いですね。
3.『キクザキイチゲ/菊咲一華/Anemone pseudoaltaica』たった二輪しか咲かなかったけれど。
4.『てまり/Temari 』粉粧楼が交配親ということで昨年。落葉知らず、恐ろしい程の花保ち!
5.『フリチラリア・メレアグリス/Fritillaria meleagris』バイモの仲間は皆...春告花。
------------------------------------------------------------------------------
『香水月季』にヘレボルスを中心に30枚程春の姿をUPの予定です。
難しい事は綴りません。
ただゆっくりと...ご覧になる方々の時間でお楽しみいただけたら幸いです。
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------

坪庭は花ざかり。
いちばん見逃せない季節の到来です。
2月まで暗かった我が庭にも日の光が少しずつ廻り出し
やがて時間と共に西の空へ傾くまで様々な草花に焦点をあてて過ぎゆく。

私は惜しみなく春を売るひと。
ただ惜しみなく迎え過ぎゆく春を売るひと。
------------------------------------------------------------------------------

G d D

[PR]
a0138032_9104459.jpg

a0138032_9123623.jpg

a0138032_9151166.jpg

a0138032_9154312.jpg

a0138032_916275.jpg

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
1.2.4.5.『Tecophilaea cyanocrocus/ティコフィレア・キアノクロクス』
『ティコフィレア科/ティコフィレア属』
南米原産の高山植物ですが、都内でも栽培は容易です。(あくまでも我が家では)
この花の香りに初めて触れた時の記憶は今でも鮮烈なもの。
薔薇のダマスク香に非常に似た強い香り。ビックリしたのを憶えています。
センターが淡く白く抜ける『〜var. leichtlinii/ライヒトリニー』も美しい。
3.『Oxalis palmifrons/カタバミ科/オキザリス属』
とにかく葉が美しいんです。ですから白い花は咲かなくとも充分満足。
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------

私は一日中植物の事を考えている。
考えない日はないといっていい。
けれど依存せず。寄りかからず。
朝、目が覚めて扉を開け放つ。
狭い坪庭を一瞬にして見渡すとき。
私は四季折々に飛来する鳥になって
空中から俯瞰しているかのような錯覚に陥ることがある。
かとおもえば一匹の小さな虫になって地を這い茎をよじ登り
花芯の奥深くに潜む甘い蜜に辿り着いたような...
そんな叶わぬ夢が過ったりもする。

その日の主役は考えずともすぐに眼中に飛び込んでくる。
それは朝露にしっとりと濡れ今にも開きそうな5月の薔薇であったり。
植えた覚えのない不思議な形をした名も知らぬ草花であったり。
枯れて蔓が裂けたテッセンの葡萄茶色の枝であったりもする。

貴方は『青』という色についてどんなひとを思い浮かべますか?
貴女は『青』という色についてどんなものを思い浮かべますか?

この冬咲いた青い花一輪。
私にとって...それはどの季節に見る青い花より...最も鮮烈であった。

G d D

[PR]
# by Noir-Z | 2010-02-13 11:00 | Dayflower
a0138032_18333176.jpg

a0138032_18445022.jpg

a0138032_1850213.jpg

a0138032_201278.jpg

a0138032_1853259.jpg

------------------------------------------------------------------------------
昨年の暮れ...私は生まれて初めてアクセサリーというものを自分の為に迎えた。
誰しも...自分に似合うもの、似合わないもの。似合う色、似合わない色。
考え方、そして感じ方...捉え方は様々だろうと思う。
貴金属の類いが何故か私の肌にしっくりこないのだ。
眼鏡のフレームも金属ではなく鼈甲かセルロイドと決めている。
手入れは面倒だが、しっかりした造りの無骨なフレームが好きなのだ。
指も節くれだってみっともない形をしているように思う。
華奢で繊細な光を放つ貴金属は苦手だった。
だから避けてきたし、特別惹かれもしなかった。
指輪でさえもこれから先...おそらく手にすることはないだろう。

素材は何でできているのだろう?
初めて目にしたとき感じるものがあって手にとってみた。
それは磨かれておらず、嵌め込まれた硝子でさえ鈍い光を放っていた。
訊けばイングランドで買い付けてきたものでビクトリア時代のものだという。
非常に男性的なフォルムを感じて用途もすぐに脳裏に浮かんだ。
メビウスの輪のように捻れたリング状のものは白いシャツに。
硝子を嵌め込まれた四角い形状のものは厚手のメルトンのジャケットの襟、或いは帽子に。
------------------------------------------------------------------------------
1.ふたつの『ブローチ』鈍い光がとても素敵です。
2.『Gloire de Dijon(Climbing Tea)/Jacotot:France:1853』
気温のせいでしょうか、寒さで葉が銅葉のように染まっています。
3.『H.atrorubens交配株』チェリーレッドのバイカラー小輪。
4.『Mme.Berkeley(tea Rose)/Bernaix:France:1898』
よく咲く薔薇なんですが薮の奥に鉢を置いている為、撮影困難。
けれど今迄でいちばん綺麗な姿を今回見たような気がします。
5.『H.hybridus』草姿は香水月季へどうぞ。
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
初めてそれを認識させられたのは小学生の頃だったと思う。
陽光降り注ぐ街で育った私は、
小麦色に焼けた肌の子供たちが机を並べる教室の中でも
おそらく遠目に見ても浮いていたのだろう。
子供はよく訳の分らないことで喧嘩をする。
そのとき決って云われたのが肌の色の違いについてだった。
あぁ...なるほど!これが差別というものかと思ったものだ。
どちらかというと男子よりも女子の方が口々に罵っていたように思う。
こういった現象は都市部よりも田舎の方が根強いように思う。
畑から掘り上げたばかりの牛蒡のような少女たちは今頃どうしているだろう。
逞しい母になって馬鈴薯みたいなオバサンになってるのかな〜♪
どこの街でも転校生で、比較的友達はすぐできる方だったが
想い出は少ないよりも多い方が時として豊かな気持ちになれる。
けれど過去は過去であり過ぎ去った昔はあっさり捨てた方が
より良い結果を招く時も多々ある。
人が手放したもの、捨てたものを愛しく思うのは何故だろう。
古道具に惹かれる度に思う事である。

真冬のグロワール ド ディジョン/Gloire de Dijon。
真冬のマダム バークレー/Mme.Berkeley。
この冬に咲いた二輪はなんともいえない情感溢れる肌色で咲いた。

両者共にとてもしぶとい薔薇である。
枯らしても枯らしても迎え続けてきたが
Gloire de Dijonにはある一定の法則が成り立つことを体感した次第。
やれ病気に弱い...手がかかると云われ続けている薔薇だけれど
特別うどん粉に弱いわけでも黒点にかかり易い訳でもない気がする。
特別扱いせず、傾けさせない栽培法がよい結果を生むように感じている。
今現在我が家にある株は5本目で非常に生育がよい。
昨年、ティーローズを主に扱っているナーセリーから取り寄せた。
つる薔薇として捉えない方がよいかもしれない。
ティーローズは深く剪定しない方がよいと云われているが
この薔薇はきっちり剪定した方がよく咲く。
キャンカーになった枝をばっさり切り落とし、
ほぼ拳骨剪定にしても脇から芽を出し蕾ををすぐに形成する。
足許がスカスカにならない美点を持っている。
私がこの薔薇を初めて見たのはピーター ビールス社のもので
樹高30cm程の6号鉢植えで、蕾も含めて十数輪花をつけていた。
だからつる薔薇だとは知らなかったのだ。

気温が低い季節の蕾は真夏の白桃を思わせる。
やや下膨れの蕾、花びらの縁がかすかに紅色に染まる。
私の胸に咲く白桃のブロウチ。
それは生涯変わることはないだろう。

G d D ~Gloire de Dijon~

[PR]
a0138032_22115966.jpg

a0138032_22122763.jpg

a0138032_2213611.jpg

a0138032_22143828.jpg

a0138032_22151794.jpg

------------------------------------------------------------------------------
1.4.『ミミカキグサ (Utricularia livida) / タヌキモ科タヌキモ属』
2.『イトラッキョウ (Allium virgunculae) / ユリ科アリウム属』
3.『清澄白山菊』
5.『ブロンズフェンネル (Foeniculum vulgare Rubrum) セリ科ウイキョウ属』
------------------------------------------------------------------------------
1.4.『属名 {Utricularia} はラテン語で〜小さな袋〜という意味だそう。
どうやらミズゴケと相性がいいみたいですね。
2.花後の姿に早く逢いたいものです。
3.おそらく私のいちばん好きな野菊。
黒軸〜小さな細い葉〜凛とした草姿...すべてがツボです。
昨年ロサ・フォリオロサの足許に移植した株は
日陰ながらも現在沢山の花を咲かせています。
5.渦巻く雨雲をバックに。葉色は更に深みが増し、先端はオレンジに染まり。
なんともいえない季節を宿した美しさ。雲の流れには既に冬が潜んでいます。
------------------------------------------------------------------------------
私は、ちいさな坪庭に棲む妖精の存在を信じて疑わない。
いつの日か、じいさんになっても....
そういったオトメな気持ちは失いたくないです(笑)

遠い日、私がどんなところで暮らそうとも。

G d D

[PR]
# by Noir-Z | 2009-10-26 23:00
a0138032_7455669.jpg

a0138032_7461138.jpg

a0138032_7463417.jpg

a0138032_746565.jpg

a0138032_7471279.jpg

------------------------------------------------------------------------------
1.『Mrs.Herbert Stevens (Hybrid Tea)/Pernet-Duche:UK:1910』
2.『沢ヒヨドリ/沢鵯(Eupatorium lindleyanum Eupatorium)/キク科フジバカマ属』
3.『Narrow Water(Noisette)/Daisy Hill Nursery:UK:1883』
4.『オケラ 朮(紅花)/Atractylodes japonica/キク科オケラ属』
5.『オヤマボクチ(雄山火口)/Synurus pungens/キク科ヤマボクチ属』
------------------------------------------------------------------------------
1.秋薔薇ですね..。この薔薇はおじいさんになっても育てたいと思っています。
2.フジバカマみたいな感じですがより野草に近い印象。この花も綿毛を見る為。
3.完全四季咲き性じゃないかと思います...。とにかくよく蕾をあげてきます。
4.オケラはどの段階も美しいのですが、この姿は最終型。
5.初夏からこの秋にかけてひたすら観察し続けました。まことに美しい!!!
右隣の状態から最終的にこの姿になります。
------------------------------------------------------------------------------
ここしばらくPCが不調です。
メールをいただいた方々には返信が遅くなりご不便をおかけ致しました。
私はあまりネットに依存しないよう普段から心がけていますが、
さすがに一週間を過ぎた頃には...多少イラつきました(笑)
昨晩などは電気ドリルが回転するような轟音が響き...慌てて強制終了!
画像を整理していたのですが、しばらくは近寄りたくもありませんでした...。

まぁ...なんとか撮りためた写真の整理も無事終わり胸を撫で下ろしたのも束の間。
またいつ不調に陥るか予想もつきません...今のところ。
自身のブログよりも、皆さんのところへ遊びに行けないのがなにより辛いところです(笑)

...さて、『香水月季』に秋の坪庭の様子をUPする予定です。
我が家の秋薔薇は順次ゆっくりと開花していきます。
既に色づき始めた実や色とりどりの野菊たち。
枚数が多くなると思われますので、
お使いのPC環境によっては表示に時間がかかるかもしれません。
どうぞご了承ください。それとも2~3回に分けた方がいいのかな?
この季節は草花の変化も著しい時期です。
狭い坪庭でひしめき合いながらも
仲良く共存する草花たちをご覧いただけたら幸いです。
秋は最も好きな季節。
澄んだ朝の庭に珈琲片手に降り立つとき、
わたしは何よりもしあわせを感じます。

G d D

[PR]
a0138032_16182659.jpg

a0138032_16185265.jpg

a0138032_16192611.jpg

a0138032_1620968.jpg

a0138032_16201727.jpg

------------------------------------------------------------------------------
1.『イワシャジン(Adenophora takedae)/キキョウ科ツリガネニンジン属』
2.『スミレ岩桐草(Petrocosmea flaccida)/イワタバコ科ペトロコスメア属
3.『ゲンノショウコ(現の証拠/Geranium thunbergii)フウロソウ科フウロソウ属』
4.『カリガネソウ(Caryopteris Bunge)クマツヅラカ科(シソ科)カリガネソウ属』
5.『オヤマボクチ(雄山火口)/Synurus pungens/キク科ヤマボクチ属』
------------------------------------------------------------------------------
1.シャジンの雨が降る如く。けれどやっぱりこういった1枚を選んでしまいます。
2.日陰でね。高山植物。
3.この花の持つ色の取り合わせ!グラデーションの素晴らしさ。兎に角大好き!
4.どちらかというと花よりも種を見る為に育てています。あの種の形状が好きなんです。
5.ようやくここまで。実に男っぽくて素敵な草花だと思います。草丈は60cm程...。

私は紫と黄色の取り合わせが実に好きで、
時に纏う衣服でも知らず知らずのうちに選んでいたりする。
尾瀬で見たキツリフネが忘れられない。育てたいな〜...。
------------------------------------------------------------------------------
秋雨のうら寂しさが好き。
まぁ...雨はどの季節でも好きなんですが。
ひと雨毎に季節がめまぐるしい早さで移ろってゆくけれど。
それは私たちが感じているよりもっとずっと早い速度なのかもしれない。
草花たちは冬を迎える準備を着々と進めているように感じるから。

今が盛りと秋を彩るむらさきの花々。
雫を纏った花弁にそっとくちづけをしたくなる。
暗い庭で屈んだ私の上空を飛行機が轟音を立てて飛び去っていった。

G d D

[PR]
# by Noir-Z | 2009-09-29 07:00 | 月季
←menuへ