a0138032_10283362.jpg

a0138032_10293130.jpg

a0138032_10301522.jpg

a0138032_10305256.jpg

a0138032_10313356.jpg

------------------------------------------------------------------------------
1.04~05 a.m.。私はこの時間帯の空の色を信じています。
2.『Mrs Oakley Fisher / (HT)/ B R Cant / UK / 1921 』
3.5.17~18 p.m.。私は夕焼けを美しいと思ったことがありません。
4.『Lavender Pinocchio / (F)/ E S Boerner / US / 1948 』
------------------------------------------------------------------------------
私にとって九月は生地そのものである。
それは時によって粗い帆布綿であったり しなやかな唐縮緬であったりもする。
未だ袖を通さぬうちからフランネルとコーデュロイを秤にかけたりもする。

過ぎ去った八月はリンネルやシルクだったという/嘘。
過ぎ去った八月はジョーゼットだったという/まこと。

港区よりもずっとずっと懐かしいカンブレー/Cambrai。
目黒区よりもずっとずっと真新しいCambrai/カンブレー。

私にとって九月は生地そのものである。

〜G d D〜

[PR]
# by Noir-Z | 2010-09-02 07:00 | 月季
a0138032_20524382.jpg

a0138032_20532444.jpg

a0138032_20535622.jpg

a0138032_20543512.jpg

a0138032_20551082.jpg

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
1.2.4.『Mme. Renahy』 * 撮影 / 2010.8.14
3.『Rosa chinensis minima』 * 撮影 / 2010.8.15
5.『山芍薬』 * 撮影 / 2010.8.15
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
今年の夏薔薇の姿は...どの薔薇も どのような花容であれ...実に美しいと感じます。
ひとひらの風も...烈風も熱風も ものともせず、実に涼しげ。一期一会のありがたさ。
薔薇もこの猛烈な陽射しが実のところ名残り惜しいのかな。

まだまだ酷暑が続きますが、皆様どうぞお体ご自愛くださいませ。
日々の感謝を込めて。

残暑御見舞い申し上げます!

〜G d D〜

[PR]
# by Noir-Z | 2010-08-16 21:00 | 月季
a0138032_18365448.jpg

a0138032_18345785.jpg

a0138032_18354155.jpg

a0138032_18361877.jpg

a0138032_18342290.jpg

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
1.〜5.『Ann Endt (Hybrid Rugosa) / Steen, Nancy * Nobbs / New Zealand / 1978』
------------------------------------------------------------------------------
肉眼で見るともう少し深いクリムゾン。開花翌日には非常に退廃的な色へとブルーイングします。
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------

今年の春の出来事。
「Rosa chinensis var. spontanea」を観に、
plumさんとふたり 草ぶえの丘を訪れました。
この時季に訪れた第一の目的はもちろん「〜spontanea」の観察だった訳ですが
その前年から、是非とも入手し育てたいと思っていた薔薇の新苗が
わずか数本のみ店頭に並ぶという情報を こっそり仕入れていたのも裏の目的でした.笑

ほぼすべての薔薇はまだ芽吹いたばかりで園内には誰も来園者はおらず、
「〜spontanea」も散った花、ぎりぎり見頃の花...といった状況でした。
後にも先にも こんなにのんびりした状況で薔薇園を訪れたのはこの春だけ。
撮った写真も既にお蔵入りの3枚のみ!!!ピンクの『〜spontanea』と『Rosa hugonis』だったかな。
ふたりで薔薇談義に花を咲かせ、 新緑に包まれたガゼボでの昼食は実に贅沢なひとときでした。

私は今年はその育てたいと思っていた薔薇と 友人から頼まれていた「〜spontanea」と「Louis Riel」。
それだけで充分だったのですが、
薔薇の見頃でもないこの時季に訪れた私を見てY氏は上目遣いでボソッと一言。
『「Ann Endt」あるよ...。』.笑
遡ることその前々年の冬に『Rosa clinophylla』を接いで欲しいといった
あぁ...例の奇特なヤツだ...と、Y氏は憶えていらっしゃったのでしょう。
そしていつも連れ帰る薔薇を通して好みもなんとなく把握していらっしゃったのだと思います.笑

真の目的だった薔薇は『ヤマイバラ』。
親木が不調だったのを見ていましたから しばらくは無理だろうと思っていたのですが
「今年は園内の薔薇、すべてご要望があればお接ぎできます」との言葉も聞いていましたし
その言葉を信じて だいたい何本くらいの苗が並ぶかまで想像を逞しくしていたのでした.笑

私が今年の春に草ぶえの丘から迎えた新苗は計4品種。
今回の主役であるこの『Ann Endt』。
そして残る2株は「Louis Riel」と「Henry Hudson」。

Y氏は熱く語ります.笑
とにかく蕾をどんどんあげてくる薔薇だから秋までは摘蕾に徹すること!
私はこの薔薇を初めて意識したのが秋の紅葉時でしたから、
てっきり一季咲きだと思っていたのでした。

氏の言葉通り...摘んでも摘んでも蕾をあげてくる!
嗚呼...どうしよう、咲かせちゃおうかな...と、何度誘惑に駆られたことか.笑
一度目は6月中旬頃だったかな...、そして二度目は7月も下旬を過ぎた頃でした。
株元からべーサルシュートが合計二本も出て元の主幹がどれだったか分からなくなりました.笑
枝は水分をたっぷりと含んだ質感で萌黄色。全体像はまるで噴水のようです.笑
現在四方へ枝垂れて それぞれの枝先に房になり蕾を多数つけています。
この花は誘惑に負けて...もうそろそろいいかな?と、
なす術もなく咲かせてしまった実におめでたい我が家で一輪目の花です。
現在八つ程蕾が控えています。さぁ...この後どうしましょうか?笑

Y氏はカナダの女性育種家の生み出した薔薇だと仰言っていましたが
作出年は同じでも作出者は図鑑によって表記は区々。
薔薇に精通していらっしゃる方ならこの薔薇の高配親がそれぞれ何であるかを既にご存じでしょう。
秋に3段階に色づく枝葉のように...実にスパイシー且つエキゾティックなシナモン香。
宵闇が迫ればそっと花弁を静かに閉じ...その残り香だけを闇の中に紅く灯す。
誘惑に勝てるはずがありません.笑

ちなみに『umbrella』とは...
私がブログを開設するにあたり いちばん最初に頭に浮かんだ言葉です。

〜G d D〜

[PR]
a0138032_19511166.jpg

a0138032_19514740.jpg

a0138032_19523260.jpg

a0138032_19532659.jpg

a0138032_19541538.jpg

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
1.『 葡萄紅 Pu tao hong (China Rose) / 〜unknown〜 』
2.『 Rosa spinosissima altaica(Species) / unknown / 1820 』
3.『 Francine Austin (English Rose) / Austin / UK / 1988 』
4.『 Rosa pomifera:Rosa villosa pomifera(Species) / unknown / West Asia / 1770 』
5.『 ヨツマタモウセンゴケ / Drosera binata / Australia~New Zealand 』
------------------------------------------------------------------------------
1.この花はベーサルシュートを放っておいたらその枝先に房になって咲いたもの.笑
色合いは若干違いますが「Rosa chinensis」のよう。なんといっても名前が素敵ですよね。
あのふっくらとした花をご存じの方なら意見が分かれそうですが、私はこの姿も美しいと感じた次第。
2.そろそろ収穫かな...。皺がよってきましたから...><
3.『Snow Goose』とは似て非なるもの。花容も個性もまったく違う。どちらも大切です^^
この花まで...生産中止にしたら@@!イギリスのAustin氏に 愛を持って直接 抗議文出すつもりです.笑
4.今朝見たら、さらにオレンジがかってきていました。美味しそうでしょ?笑
齧ってみましたがプラムのような味。今まで味わった薔薇の実の中でも美味しい部類に入ります。
一度葉がすべて落ちてしまって心配だったのですが、今はふさふさした新しい葉を展開させています。
5.丈夫!昨年もupしましたね。モウセンゴケで残っているのはこの種と「コモウセンゴケ」のみ。
------------------------------------------------------------------------------
今回の一連の写真群は正攻法。
特別色調整も施していません。
レイヤーもそろそろ飽きてきました.笑

立秋を過ぎ、坪庭のそこかしこに秋の気配。
空を見上げると更に秋の気配濃厚です。

皆さんの庭は如何ですか?

〜G d D〜

[PR]
# by Noir-Z | 2010-08-09 20:00 | 月季
a0138032_21464131.jpg

a0138032_23133627.jpg

a0138032_21484811.jpg

a0138032_21493133.jpg

a0138032_21501176.jpg

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
今日から八月です。
酷暑が続けば続くほど、
ひとは自ら涼を求める努力を、
知らず知らずのうちに失い、
そして捨て去っているような気がしてなりません。
心身共に涼を求めましょう。
夏があるからこそ、忘れてはいけないのです。

〜G d D〜

[PR]
# by Noir-Z | 2010-08-01 22:00 | 月季
a0138032_222258.jpg

a0138032_2233085.jpg

a0138032_224187.jpg

a0138032_2245836.jpg

a0138032_2254240.jpg

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
1.2.4.5.『Hantington Pink Tea』
この薔薇の夏の姿は春よりも更に美しいと思います。
3.『Mme. Maurin』
様々なティーローズを育ててきたけれど、この薔薇は非常にクオリティが高いと思う...。
ついぞ最近...うだるような蒸し暑い朝に咲いた姿です。...存在そのものがラグジュアリー!
ティーローズそのものを敬遠される方にこそ、是非育てていただきたい薔薇です...。
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
オールドローズを愛培されていらっしゃる方々であれば なにかしらひと株はお持ちであろう...。
私は一時期、狂ったようにティーローズを蒐集した時期があった。そして酔いしれた。
これはあくまで薔薇の世界での一般論であるが、皆、口を揃えてティーローズは気難しいと云う。

果たしてそうであろうか...。否定はしません。
今まで数々のティーローズを育ててきたけれど
特別弱いといった印象を持ったことはないのも事実。

他の数々のオールドローズとたいして変わらないと思うのです。
例えば私の尊敬する偉大な薔薇の作出者であり、
その氏が1847年に世に送り出したポートランドの『Blanc de Vibert』という名の薔薇があります。
ポートランドですから気まぐれに返り咲きますが、いちばん美しい状態で咲くはずの春でさえ、
整った形で咲くことは稀です。同じく氏が作出したガリカの『Ombrée Parfaite』などは
非常に美しい花容、特出した花色を持ち、どの薔薇園でも見ることは可能ですが、毎年かなりの厚化粧.笑

私は秋深まる頃に...ぽつんと忘れられたように咲くティーローズも大好きなのですが
強い陽射しを一身に受け、自ら光を放つように咲く
夏のティーローズは格別に美しいと思っています。
温暖な気候を好み、寒さに弱いとされているティーローズ。

欠点のない薔薇などないのです。
むしろ欠点があるからこその...儚さ、そして力強さ。
薔薇に魅了された人々はそのなにかしらの欠点を補ってあまりあるものを
その目で確かなものとして受け止め、心酔する。
他のどの草花...花木とも違う薔薇だけが持ちうるもの。

夏は全てを露にして白日の下にその本性を現すのです。

〜G d D〜

[PR]
# by Noir-Z | 2010-07-30 22:00 | Dayflower
a0138032_3132699.jpg

a0138032_3135025.jpg

a0138032_3145248.jpg

a0138032_3153238.jpg

a0138032_3161451.jpg

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
1.2.4.5.『 Rosa clinophylla (Species) 』
蕾の写真を除き、どの花も昨日、日曜日に撮ったもの。
いちばん最後の写真は早朝、朝陽の中で撮った一枚です。
花の写真を撮る時、我が家は半日陰なのであまり苦労しませんが
自然光の美しさに勝るものはありません。
そして花自身も光を...自然光をいちばんに求めているのです。
3.『 ヒメノキシス エレガンス イエロー / キク科ヒマワリ属 』
なんだかmarimekkoのテキスタイルような、端正且つ素朴なストライプ.笑
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
昨年2009年の春、草ぶえの丘から新苗で迎えたこの薔薇。
花を見たさに一度咲かせて、膨らみつつある実を取り去ったのはつい先日のような記憶です。

あれから一年が経ち、二年目にあたる今年、この薔薇の生態に驚きを隠せません...。
春から7月も終わりにさしかかろうとしている今でさえ、途切れずに咲き続けているのです。
しかも肥料を一切与えていません。施肥を行ったのは春の芽だしの頃に一度だけです。
うどん粉、黒点一切なし、病気にかかることは皆無に等しい。
そしてもうひとつ。日差し厳しいこの季節に、次々と葉を落とす薔薇の中にあり
この『Rosa clinophylla』の葉は、非常に美しい季節を宿した状態で青々としたままであるということ。
一重の薔薇にありがちな、咲ききると平咲きになり花弁が反り返る...という事がないのです。
この抱え咲きの状態を保ったままで、何の未練も残さず...、花びらは、はらりと風にさらわれてゆく。

強い陽射しに純白の花弁は痛むことなく、むしろ夏を楽しんでいるかのよう!

インドではこの薔薇と、「Rosa gigantea」や「Rosa chinensis var.spontanea」を用いた
交配を積極的に取り入れている育種家さんもいらっしゃるようです。実に興味深いですね。

野生種にもかかわらず、延々と咲き続ける薔薇。
時間帯を変えて何枚か撮ってみました。
フルーツ香。所謂レモンを蜂蜜に溶かしたような香りではなく、
果実本来が持つ瑞々しい甘さ。
南国の果実、マンゴーのような芳醇な匂いです。

〜G d D〜

[PR]
a0138032_1229173.jpg

a0138032_1229324.jpg

a0138032_12302870.jpg

a0138032_12311939.jpg

a0138032_1232988.jpg

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
1.『ゼニゴケ(Marchantia polymorpha L.)/ ゼニゴケ科ゼニゴケ属』
2.『コドノプシス ‘ライラックアイズ’Codonopsis clematidea'Lilac Eyes'/ キキョウ科ツルニンジン属』
3.『庭咲き草花の寄せ植え』
4.『Alister Stella Gray (Noisette)/ Gray / UK / 1894』
5.『マツヨイグサ(待宵草) / アカバナ科 / マツヨイグサ属』
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
早春の或る日。
友人に訊ねられました。
『...ところで×××くんの園芸歴はいつから?』と。
薔薇にどっぷりハマったのは30過ぎてからだから....
素直に『浅いよ、まだン年くらいのものだよ』と私は答えました。

それから数カ月が経ち、季節は梅雨に突入。
庭を整理(するような広さではないけれど)している時に不思議なものを発見しました。
そしてその物体(植物)から遠い遠い過去の出来事が蘇ってきたのです。

私が小学生の頃、母はある男と出奔しました。
今となっては笑い話ですが、
きっと相手は誰でもよかったのではないかと私は思います。
けれど当の母しか『本当の事』は知らない出来事。

公務員だった父は仕事と家事の両立、
残された子供ふたりにほとほと手を焼き、
妹を残し、私は母の里へ帰されたのでした。
公務員=真面目ではなく普段から好き勝手遊び放題な男。
母は母でこれまた好き勝手し放題。似た者夫婦でした。
父の浮気に腹をたて、購入したばかりの新車を
鉄柱の両開きの門にアクセル全開で突進。
あっけなく廃車にしたこともありました。
家族で食卓を囲んだ記憶などほぼ皆無。
毎晩、妹とふたりで食事していたのです。

小学生だった私の当時のいちばんの願いは
恐ろしいことに『両親の離婚』でした。
(その欲望は様々でしょう。けれど大概の「子供」は自分の幸せを強く願うもの)
実際にはそんなことはしなかったけれど
七夕の短冊に願い事を書くとすれば...
『どうか...どうか神様!この二人が早く...一刻も早く離婚してくれますように』
...と書いたことでしょう.笑
私と妹は父を異にしていますから、
手許へ置く子として妹を選んだのも、まぁ...自然な流れだったのでしょうね。
私はもう天にも昇る気持ちで(深刻な顔をしながらも内心はホクホク.笑)
いそいそと祖母や叔母の待つ実家へと戻ったのでした。

転校生として新しい学校へ通うことになった私は、
偶然にも同じ時期に千葉から父親の転勤で(銀行員だったかな?)越してきた
『サカイくん』という子と大の仲良しになりました。
思えば私の暗黒時代だった少年期の中でその数年は今でもきらきらとした想い出。
私とサカイくんは、結局ほぼ同じ時期にその学校を去ることになるのですが
来る日も来る日も行動を共にし、喧嘩をしながらもとても楽しい毎日だったのが今では懐しい。
『サカイくん、元気にしてるかな?きっと早々に結婚して現在は立派な父親になっているんだろうな...』
などど.....思い返す毎に、そばかすの多かった彼の顔を今でも時々夢に見るのです。不思議。

ランドセルを背負ったふたりは登校時も下校時も一緒。
そして彼との想い出の中のひとつに『苔』の存在があるのを思い出したのです。
ふたりでしゃがんで様々な苔を観察したこと。
私が初めて植物というものに興味を持ったのは『苔』だったという訳です。
観察といっても気持ち悪いもの見たさ故の悪戯心。
下校時には必ずといっていいほど二人で歩道や山林の脇に生えている苔を探したものでした。
『うひゃ〜っ!気持ち悪っ...』とか、ゲラゲラ笑って(?)はしゃぎながら.笑

ほんのひと月ほど前にウチの敷地内で面白いものを見かけて何だろうと近付いて
しゃがんでみたらそれは胞子を放出した後のゼニゴケでした。
特別珍しくもない...どこにでも見られる苔です。
(ウチの坪庭は半日陰ですから苔やシダが多く潜んでいる)
土を落とさないよう、スコップですくって薄い石盤の上に移植してみました。
なんともひょうきんな姿。とてもかわいらしい形状をしています。

ふと訊ねられたちいさな問いかけから蘇った遠い少年期の記憶と『苔』。
サカイくんは非常に利発な子で且つ素直で親しみやすい少年でした。
もう会うことはないのかな?再会してみたい過去の友人のひとりです。
とかく夏は感傷的になって困ります。

〜G d D〜
[PR]
a0138032_194443.jpg

a0138032_1953838.jpg

a0138032_1962720.jpg

a0138032_1973630.jpg

a0138032_1982325.jpg

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
1.『Champney's Pink Ciuster (Noisette) / Champneys / US /1811』
2.『Rosa willmottiae*Rosa willmottiae Hemsl.(Species)』
3.『Harlow Carr (English Rose) / Austin / UK / 2004』
4.『千島紅花苺 / Rubus sp. 学名は確定されておらず。/ バラ科 / キイチゴ属』
5.『屋久島テリハノイバラ』
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
1.春.夏.秋.冬.朝未明.白日.宵闇.どの瞬間.
どの季節に見ても見飽きるという事はない薔薇。
**************************************************************************
2.非常に風情ある実成り。色も実に渋いですね...。
**************************************************************************
3.おそらく今後...どんなに素晴らしいERが作出されようとも
既に私の中では不動の位置。
絶え間なく咲くことが必ずしもよいとは限らないが、
満足を遥かに超える比率で霜が降りる頃まで咲く。
オールドローズの美点をあますところなく備え、ダマスク香を漂わせ、撓る躯に鋭い棘。
棘・棘・棘・棘!!!そして限りなく細い細い枝!!!この愛らしさ!!!(何なんでしょうね.笑)
他に何を求めようというのか...。浅いソーサーは散る間際まで凛としたまま。
気侭に迎え入れた人々から必ず販売店へ賛美の声が届けられるというのも納得である。
**************************************************************************
4.この花は早春に咲いたもの。我が家でいちばん大きな寄せ鉢に植わっている。(直径42cm)
私はこの寄せ植えに名をつけたのだが、
親愛なるアガサ・クリスティーの短編からタイトルを戴いた。
もちろん私の中で勝手にそう呼んでいるだけである。
『砂に書かれた三角形 / Triangle at Rhodes』と。
その浅い皿の上に展開される三角関係/草花たちは...『H. multifidus hercegovinus』、
『糸葉芍薬紅小輪一重』+『亀甲ヤブレガサ』の3点。脇役として黄花紅輪蒲公英、千島紅花苺、
黄斑吾亦紅、屋久島白花蛇苺だったと記憶している。一年後が楽しみである。
**************************************************************************
5.我が家にはテリハは何種類もあって、ヤクシマテリハノイバラ2種、根上がり盆栽仕立て1種、
斑入り(五色)1種、琉球テリハノイバラ1種。
これはどれだっけ?おそらくYさんからのいただきものでいちばん立派な株。
四方八方へさながら噴水のように...風に吹かれるまま靡くように枝垂れて実に見事。
今ちょうど見頃、満開です。
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
〜G d D〜

[PR]
a0138032_11263637.jpg

a0138032_11272890.jpg

a0138032_11282546.jpg

a0138032_11293140.jpg

a0138032_1130365.jpg

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
1.『Blue for You (Floribunda) /Peter J. James / UK / 2006』
2.『トキソウ(朱鷺草 / Pogonia japonica)ラン科トキソウ属』&『黒軸カリヤス』
3.『セントポーリア 「Debons Misty Morning」 / イワタバコ科アフリカスミレ属』
4.『Rosa rubrifolia * Rosa glauca (Species) Central Europe / 1830』
5.『ベニバナイチヤクソウ(紅花一薬草)Pyrola incarnata / イチヤクソウ科イチヤクソウ属』
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
1.夏の朝、摘みたての薔薇は如何?イメージ通りのなんとも涼しげな匂い。
2.既に花は終わっています。日本は素晴らしい植物の宝庫。
3.セントポーリアには手は出すまいと。よってこのひと鉢だけを大事に育てています。
英名が『African violet』とはなんとも。けれど暑いの駄目、寒いの駄目。
人間が心地よい環境で育てなくてはならない...って、困ったちゃんですね.笑
4.狭い坪庭といえども我が家にはなくてはならない薔薇のひとつ。
今年ようやく3種が仲良く揃いました。昨年「Carmenetta」、今年「Louis Riel」。
5.我が家では何故か...軸がこのように倒れたり枝が曲線を描くこと多々。
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------

小泉今日子さんと永瀬正敏さんが離婚後初の夫婦役を演じるそうですね...w
今回の小泉今日子さんのコメントには痛く胸を打たれました。
私は彼女がデビューしてからアイドルとしての全盛期を経て
現在女優に至るまで...ほぼ人生を共に歩んでいます。
当時から歌はかな〜り下手だったけれど.笑
『声』は素晴らしいと思っていました(歌う時ではなく語る時)
女優に私が不可欠だと思うのはその『声』。
よい素質、よい雰囲気を持っているのに
声で損をしている俳優が沢山いるように思います。

〜かつての恋人が/私の誕生日に/初めて贈ってくれたもの〜
それは『万葉集』でした。
過ぎ去った遠い遠い昔のことです。

〜G d D〜

[PR]
# by Noir-Z | 2010-07-07 06:00 | 月季
←menuへ