<   2010年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

a0138032_7112866.jpg

a0138032_7141984.jpg

a0138032_720592.jpg

a0138032_7223575.jpg

a0138032_7234599.jpg

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
1.椿『卜半/月光/ガッコウ』
数年育てていますが、今年の卜半は今までに見たどの姿より美しいです。
その年によって中心部の唐子弁に散り斑が入ったり入らなかったり。
なによりも今年は...黒椿に近いような翳りを帯びながら
同時に光を放っているかのような艶やかさ。まことに美しいです。

2.『花梨』私にとって...とても想い出深い樹のひとつ。(撮影/3月23日)
春そのもののような...野生種の薔薇のような...一日花ですが心惹かれるものがあります。
この冷たい雨があがったら、あの凛とした花にもうすぐ出会えるでしょう。

3.『ヤブレガサ』先日...鉢を整理していて、このふた芽を発見したときの歓び!(笑)
今年は手前にもうひとつ芽が見えます。妖精が3人になったらまたお披露目。

4.『Rosa willmottiae』ほぼ均等に米粒大の蕾がついています。
昨年の暮れ、私の背丈をゆうに超すこの苗を電車で運び帰ったことも今では笑い話。
今年は久々に配置変えをし、窓を開けたらいちばんに目に飛び込んでくる場所に。
シナモンのような枝の色。そしてなによりもその葉の愛らしさ。枝垂れ梅のような樹型。

5.ユリは深植えが基本とされていますが、黒百合だけは毎年こうして植え付けています。
沈んでも地上部に引き上げます。去年はひと芽。今年はふた芽。
乾燥を嫌いますから苔は必須。夏場など...時には全体を覆ってあげたりもします。
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
綴っては破り捨て。
破り続けては綴り。
真夜中にひとりで綴る黒百合日記。
誰も知らない黒百合日記。
------------------------------------------------------------------------------

G d D

[PR]
a0138032_132129.jpg

a0138032_1323118.jpg

a0138032_1325490.jpg

a0138032_1333917.jpg

a0138032_1335612.jpg

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
1.花桃。『香水月季』と同じショットですがフォーマットが違うだけ。
2.私の大好きなガリカの『紫玉』。おそらく好きな薔薇の五本指には入るかな。
花も枝葉も散り際も秋の紅葉も...すべてにおいて好きな薔薇ですが、
春の芽だしの季節は毎春、胸を鷲掴みにされてしまいます。
3.白椿『雪舟』。花も小ぶりで花期も冬から春へとたいへん長いです。
椿は花の大きさと葉とのバランスが決めてのように思います。
4.『香水月季』と同じく多肉のクラッスラーの花。小さな雪柳のよう。
5.まるで姫林檎かサクランボか。株全体のバランスも非常に可憐。
------------------------------------------------------------------------------
私が昔から女性に抱いている印象、そのひとつ。
わたくしでもなく、わたしでもなく、『あたし』。
女性がいちばん情感豊かに聞こえる響きです。

よって『アタシ』と発音する女性は人生の『色』において得をする(気がしている)
色に富んだ人生か、富や安定...名声に恵まれた人生か。
隙のない女性、しっかりした女性は『富』や『名声』において成功を得るかもしれない。
隙だらけの女性は富に恵まれなくとも愛を手中に納める術を技巧ではなく身につけている。
それは育った環境や経験値によって大きく変わるものであろう。
それを同時に使い分ける女性は破滅の淵へ一気に転がり落ちるか、
足枷に縛られながらも外目には豊かな家庭の女性として生涯を終えるだろう。
男は自然とウソを感じ取ることのできる素直で馬鹿な生き物だから。

私は少しだらしないくらいの女性が好きだ。
お堅い公務員然とした女性が定時で仕事を終えたあと
ガードレールに凭れて待っているチンピラみたいな男と
連れ立って腕を組み映画館へと...夜の街へと消えてゆく。
その一連の流れを目にしたなら、
たとえその女性が美しくなかったとしても、
第三者の目にはとても色っぽく映るでしょう?
------------------------------------------------------------------------------

すっかり春めいてまいりました。
当ブログも少しだけ...更新頻度を上げようかと思っております。

G d D

[PR]
by Noir-Z | 2010-03-20 00:00 | 月季
a0138032_6502835.jpg

a0138032_6513829.jpg

a0138032_7201026.jpg

a0138032_8233873.jpg

a0138032_7191535.jpg

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
1.このヘレボルスは先日『香水月季』でUPした〜Spring ephemeral〜
上から数えて22番目の株の開花後、終焉の姿です。ちょっと見直したかな。
ちなみに昨年の開花の様子は「Black Widow」7~8番目の姿。
随分印象が違います。実は8号鉢の大株でちょっと困ってました(笑)
でも今年、この姿、蕾がつき開花に至るまでを観察し、好きになりました。
スパルタ愛培...続けます。ちゃんと植え替えするつもりですから(笑)
2.素敵な蕾。開花が待ち遠しいです。
3.ふたつとも同じ花。
4.今年はddが多いですね。肉眼で見ると実は赤みの少ない〜スモーキーグレイ〜。
「哀しみのスパイ」ってところでしょうか。渋くてよい花です。
よってこの株の名は『モスクワ』に決定。
5.毎年律儀に咲きます。実にシンプルでよい花です。
誤って飲んでしまった毒は『白』がすべて帳消しにしてくれます。
白い花にはそれだけの威力があります。
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
『Dressed to Kill』〜殺しのドレス〜。
1980年、ブライアン・デ・パルマ監督作品です。
私がまだ少年だったころ、TVでも頻繁に放映されていました。
規制の厳しい現代ではどうなのでしょう?
個人的にはブライアン・デ・パルマの作品の中でも
よくできた作品のひとつだと思っています。
(特別好きな監督さんではありませんが「ブラック・ダリア」はガッカリでした)
随所に漂うB級っぽさも好きですね。
タイトルも抜群によいですし、
舞台はNY、主人公はその日暮らしの娼婦。
カメラワークなど、実に監督「らしい」外連味たっぷりな仕上がり。
30年経った今でも、様々な映画で、(洋邦問わず)
あぁ...このシーン、このカットは『殺しのドレス』だな...、
なんて思わずニヤけてしまうほど象徴的な場面が多いのも事実。
ゆきずりの美術館での長回しは特に印象に残っています。
私が『年増』って言葉を覚えたのもちょうどこの年頃でした(小学生!)
1枚目のヘレボの色彩に昨年私が抱いた80'sな印象も
.....強ち外れてはいなかった訳です。

G d D

[PR]
by Noir-Z | 2010-03-17 07:00
a0138032_7133499.jpg

a0138032_71644.jpg

a0138032_7174482.jpg

a0138032_7184672.jpg

a0138032_7195841.jpg

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
1.『H. hybridus』とても好きな花のひとつ。退色してからもたいへん美しいです。
2.『H. gold』ゴールドって...手許に置いて仔細に観察するとすごく面白いですね。
3.『キクザキイチゲ/菊咲一華/Anemone pseudoaltaica』たった二輪しか咲かなかったけれど。
4.『てまり/Temari 』粉粧楼が交配親ということで昨年。落葉知らず、恐ろしい程の花保ち!
5.『フリチラリア・メレアグリス/Fritillaria meleagris』バイモの仲間は皆...春告花。
------------------------------------------------------------------------------
『香水月季』にヘレボルスを中心に30枚程春の姿をUPの予定です。
難しい事は綴りません。
ただゆっくりと...ご覧になる方々の時間でお楽しみいただけたら幸いです。
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------

坪庭は花ざかり。
いちばん見逃せない季節の到来です。
2月まで暗かった我が庭にも日の光が少しずつ廻り出し
やがて時間と共に西の空へ傾くまで様々な草花に焦点をあてて過ぎゆく。

私は惜しみなく春を売るひと。
ただ惜しみなく迎え過ぎゆく春を売るひと。
------------------------------------------------------------------------------

G d D

[PR]
←menuへ