<   2009年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

a0138032_16182659.jpg

a0138032_16185265.jpg

a0138032_16192611.jpg

a0138032_1620968.jpg

a0138032_16201727.jpg

------------------------------------------------------------------------------
1.『イワシャジン(Adenophora takedae)/キキョウ科ツリガネニンジン属』
2.『スミレ岩桐草(Petrocosmea flaccida)/イワタバコ科ペトロコスメア属
3.『ゲンノショウコ(現の証拠/Geranium thunbergii)フウロソウ科フウロソウ属』
4.『カリガネソウ(Caryopteris Bunge)クマツヅラカ科(シソ科)カリガネソウ属』
5.『オヤマボクチ(雄山火口)/Synurus pungens/キク科ヤマボクチ属』
------------------------------------------------------------------------------
1.シャジンの雨が降る如く。けれどやっぱりこういった1枚を選んでしまいます。
2.日陰でね。高山植物。
3.この花の持つ色の取り合わせ!グラデーションの素晴らしさ。兎に角大好き!
4.どちらかというと花よりも種を見る為に育てています。あの種の形状が好きなんです。
5.ようやくここまで。実に男っぽくて素敵な草花だと思います。草丈は60cm程...。

私は紫と黄色の取り合わせが実に好きで、
時に纏う衣服でも知らず知らずのうちに選んでいたりする。
尾瀬で見たキツリフネが忘れられない。育てたいな〜...。
------------------------------------------------------------------------------
秋雨のうら寂しさが好き。
まぁ...雨はどの季節でも好きなんですが。
ひと雨毎に季節がめまぐるしい早さで移ろってゆくけれど。
それは私たちが感じているよりもっとずっと早い速度なのかもしれない。
草花たちは冬を迎える準備を着々と進めているように感じるから。

今が盛りと秋を彩るむらさきの花々。
雫を纏った花弁にそっとくちづけをしたくなる。
暗い庭で屈んだ私の上空を飛行機が轟音を立てて飛び去っていった。

G d D

[PR]
by Noir-Z | 2009-09-29 07:00 | 月季
a0138032_1581049.jpg

a0138032_158449.jpg

a0138032_1591611.jpg

a0138032_1593695.jpg

a0138032_1595516.jpg

------------------------------------------------------------------------------
1.5.『Crépuscule(Noisette)/Dubreuil/France/1904』
2.『大毛タデ(大毛蓼)Persicaria orientalis/タデ科タデ属』
3.『グリーン ホーネット(Sapium sebiferum)/トウダイグサ科サピウム属』
4.『野葡萄(Ampelopsis glandulosa var. heterophylla)/ブドウ科ノブドウ属』
------------------------------------------------------------------------------
私はもう冬の事を考えている。
いちばん好きな季節がこれからやってくる。
今年の冬、私を驚かせてくれるのはどんな薔薇?
蕾のまま終わってしまうかと思えば...
雨の朝とびきり綺麗に咲いていたりするその薔薇を。

フレンチベージュのステンカラーコート。
赤いマフラー、赤い傘。
そしてグレイのコンバース。
色彩を身に纏うことを思い描くのは心にも体にもよい効果をもたらす。
そう、色んな場所へ出かけよう!
考えただけでワクワクする。

G d D

[PR]
a0138032_15212731.jpg

a0138032_15215464.jpg

a0138032_15223228.jpg

a0138032_15225631.jpg

a0138032_15231623.jpg

------------------------------------------------------------------------------
1.『マツムシソウ/スカビオサ(Scabiosa japonica)/マツムシソウ科マツムシソウ属』
2.『モリアザミ/(Cirsium dipsacolepis)/キク科アザミ属』
3.『Lilac Charm(FL)/LeGrice/UK/1962』
4.『Smith Parish(Found Tea)』
5.『LE・FEU D'ISSEY / EAU DE TOILETTE』
------------------------------------------------------------------------------
古いポラロイドを何枚かPick upして新しいフォーマットを作りました。
『Noir-Z』で私が試みたかったことは、「今朝の庭」を記録すること。
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
モリアザミの葉にカタツムリ。
まだ小さかったけれど、すごく久しぶりに出会えた気がした。
なんだかとても嬉しかったのです。

G d D

[PR]
a0138032_14543949.jpg

a0138032_14554469.jpg

a0138032_1456421.jpg

a0138032_14575234.jpg

a0138032_15171590.jpg

------------------------------------------------------------------------------
1.~5.『Mme. Laurette Messimy (China Rose) /Guillot/France/1887』
------------------------------------------------------------------------------
私がいつか終の住処に。
あるかなきかの居を構えた時。
垣根に薔薇を植えましょう。
願わくばそれは。
地続きの家であってほしい。

雨上がり。
今朝開いたばかりの姿です。

G d D

[PR]
a0138032_36375.jpg

a0138032_371141.jpg

a0138032_374974.jpg

a0138032_381977.jpg

a0138032_383959.jpg

------------------------------------------------------------------------------
1.『Comtesse de Barbantane/(Bourbon)/Guillot/France/1858』
2.『ロベリア プリンセスブルー/Lobelia Princess Blue/キキョウ科ミゾカクシ属』
3.『オケラ 朮(紅花)/Atractylodes japonica/キク科オケラ属』
4.『オレガノ/Origanum laevigatum 'Herrenhausen'/シソ科ハナハッカ属』
5.『オヤマボクチ(雄山火口)/Synurus pungens/キク科ヤマボクチ属』
------------------------------------------------------------------------------
1.8月最終週の花容。繰り返しよく咲いて、その姿はまさにオールドローズといった趣き。
2.まるで山野草のような佇まいです。
3.白も育てていますが、どちらとも今のところ...日々変わらず成長はマイペース。
4.これはあくまで観賞用のオレガノのようですね...どうやら。最近入手しました。
5.何度も水切れ寸前の状態に陥ったけれどなんとか復活!
------------------------------------------------------------------------------
花々は枝葉さえも染めて次の季節へ。
秋は虚ろな面差し。
さよなら夏の男たち。

G d D

[PR]
a0138032_6301186.jpg

a0138032_6312036.jpg

a0138032_6321441.jpg

a0138032_6324383.jpg

a0138032_633195.jpg

------------------------------------------------------------------------------
1.『北岳トリカブト/Aconitum kitadakense Nakai /キンポウゲ科トリカブト属』
2.『ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋)Argyreus hyperbius』
3.『ガイラルディア/Gaillardia grandiflora/キク科テンニンギク属』
4.『ツマグロヒョウモン/褄黒豹紋/Argyreus hyperbius』
5.『ヤマユリ/山百合/Lilium auratum/ユリ科ユリ属』
------------------------------------------------------------------------------
ほんの少し長い夏休みをいただいておりました。
とても元気に暮らしています。
昨年は灼熱の古都へ。
今年は八月の最終週に尾瀬へ。
短い旅は楽しいものです。
皆さんはどんな夏を過ごされましたか?

タイトルは僕の敬愛するアガサ・クリスティの1941年の作品から。
映画化された作品の出来はどうであれ...毎年欠かさずに見る一本です。
若かりし...マギー・スミスの装いが素敵。
もちろん小説も読み返します。
彼女の作品の素晴らしさは『犯人』を忘れてしまうことにあります。
------------------------------------------------------------------------------
G d D

[PR]
by Noir-Z | 2009-09-04 01:00 | 月季
←menuへ