<   2009年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

a0138032_0324977.jpg

a0138032_034105.jpg

a0138032_0345021.jpg

a0138032_0361121.jpg

a0138032_0364741.jpg

------------------------------------------------------------------------------
1.『ヨツマタモウセンゴケ』(花)直径2mm程の可憐な花。素晴らしい造形美。
2.『リュウキュウテリハノイバラ』春に草ぶえから迎えたばかり。咲き続けています。
3.『姫フウロ(白)』蕾がいっぱい。意外にも丈夫そう。
4.『裏白苺...もしくは海老殻苺、山苺』~Rubus phoenicolasius~ 雫を捉えて離さない。
5.『ヨツマタモウセンゴケ』日に当たらないと溶けてしまうんだってね。

------------------------------------------------------------------------------
G d D
[PR]
a0138032_05753100.jpg

a0138032_1292862.jpg

a0138032_059680.jpg

a0138032_0593299.jpg

a0138032_0594749.jpg

------------------------------------------------------------------------------
1.『Aimee Vibert』夏はあなたの季節だね。
2.『ミシマサイコ/三島柴胡』ちょうど今が見頃。花期も長く丈夫なセリ科の多年草です。
3.『Bayse's Purple Rose』人間も草花も...どちらかといえば一重の方が好き。
4. 何だっけ?近々タグを調べます。可愛いでしょ?とてもちいさな花、ナデシコの仲間です。
5.『マルバ・パークアリー』花径5cm程の可憐なタチアオイ。今夏で二年目を迎えました。
------------------------------------------------------------------------------
G d D

[PR]
a0138032_155359.jpg

a0138032_1553922.jpg

a0138032_1562885.jpg

a0138032_204457.jpg

a0138032_2179.jpg

------------------------------------------------------------------------------
1.『Mme. Laurette Messimy』夏のあなたは綺麗だね。
2.『Rosa Nitida』実がついたのはたったひとつだけでした。
3.『マルバ・パークアリー』花芯と花びらの色合わせ...とてもシックなタチアオイ。矮性。
4.『クガイソウ/九蓋草・紅チガヤの寄せ植え』とても涼しげです。
5. 八重咲きオニユリ&ミシマサイコ』このオニユリは不思議な事に蕊がないのです。
------------------------------------------------------------------------------
G d D

[PR]
a0138032_731653.jpg

a0138032_056339.jpg

a0138032_0565590.jpg

a0138032_0571521.jpg

a0138032_059587.jpg

------------------------------------------------------------------------------
1.『Mme. Georges Bruant』二番花。
2.『Irish Elegance』気怠い朝、よく冷えたアイスティーは如何?
3. 夏蜘蛛。
4. [Irish]と [Elegance]、どちらの響きも好き。
5. 裏白苺...もしくは海老殻苺。~Rubus phoenicolasius~
------------------------------------------------------------------------------
しろに ひそむ くれない。
毒虫の一生をご存知?
蜘蛛の名を私は知らない。

G d D

[PR]
a0138032_661069.jpg

a0138032_662897.jpg

a0138032_665017.jpg

a0138032_681774.jpg

a0138032_69645.jpg

------------------------------------------------------------------------------
1.5.『Miss Caroline』
2.何だっけ...?やわらかな黄色い花を咲かせたんだけど...。
3.『沢白菊』 『ミシマサイコ』
4.『ツユクサ』
------------------------------------------------------------------------------
『Miss Caroline』は途切れずにどんどん花を咲かせる。
小枝を密に分岐させるけれど、ちっとも大きくなりません。
樹高30cmくらいかな。
真夏にもきっと愛らしい素朴な花を咲かせることでしょう。
Brabant Familyは逞しいね。
ミシマサイコも少しずつ花開いてきました。
湿度がほんの少しやわらいで気持ちのいい朝。
慌ただしい月曜日の朝はツユクサから始まります。

G d D

[PR]
a0138032_23123317.jpg

a0138032_23125520.jpg

a0138032_23131829.jpg

a0138032_23133937.jpg

a0138032_2314024.jpg

------------------------------------------------------------------------------
1.『Rosa moschata Herrmann』
2.『メダカソウ/Bouteloua gracilis/イネ科』
3.『屋久島ショウマ』
4.『ヤブレガサ』
5.『ヤマアジサイ/紅てまり』
------------------------------------------------------------------------------
「Rosa moschata Herrmann」がシュートを伸ばし、
今朝、静かに花開いた。撮りたてです。
ムスクがどういった香りなのか...私は実際に知らない。
香水を選ぶ際にもムスク系は苦手で敢えて避けているくらいである。
けれど...この薔薇の持つ匂いは悩ましい。
花弁もやはり10枚足らず、八重である。
一番花よりもぐっと小さく花径4cmほどで咲いた。
花は無傷だが葉はチュウレンジにやられて丸坊主。
こうして謎に包まれたままで育てるのも悪くはない。
「ヤマアジサイ/紅てまり」は今...ようやく色づいてきた。

G d D

[PR]
a0138032_2491253.jpg

a0138032_259240.jpg

a0138032_302818.jpg

a0138032_31988.jpg

a0138032_314249.jpg

------------------------------------------------------------------------------
1.3.5.『Irish Elegance (Hybrid Tea)/UK:A.Dickson:1905』
2.『姫ヨメナ』
4.『屋久島ショウマ』
------------------------------------------------------------------------------
夜が一枚捲れる度にあらたな命が芽吹きます。
主が深い眠りに就く頃、知らぬ間に枝はするすると伸び
蕾は膨らみ、萼は剥がれ、棘は紅みをさらに増す。

今回、新しい頁を立ち上げるにあたり
日々upする写真の枚数に悩みましたが
私は2で割り切れない奇数が好きです。
1枚...それとも3枚....?
考えた末に5枚に絞る事に致しました。
カテゴリのラインナップは『香水月季』とまったく同じです。
散策するように長い組写真はそちらへupすることになります。
こちらは日々の短い記録。他愛のない由無し事。
時には種蒔きだけの地味な写真なども載せる予定ですし、
季節を通して咲く草花は、その姿を変えながら何度も登場します。

四つの季節それぞれに夜空の色が違う不思議。
冬は黒く、夏は群青。
いちばん好きな夜の色。
今夏からスタートします。

日々の泡...。浮かんでは消え 浮かんでは消え。
日々の出来事...。生まれては膨らみ更に丸みを増してゆく。

コメント欄を開くか否かはまだ決めておりません。
眠れない夜は、このちいさな坪庭に...どうぞお立寄りください。
訪れてくださる皆様が安らかな眠りに就くことができますよう。

G d D

[PR]
by Noir-Z | 2009-07-12 00:00 | 月季
←menuへ