カテゴリ:月季( 11 )

a0138032_22221336.jpg

a0138032_16485097.jpg

a0138032_16493193.jpg

a0138032_16501937.jpg

a0138032_1651946.jpg

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
1.『山茶花 / Camellia sasanqua / ツバキ科ツバキ属』 古泥をさらった銅製の水盤に浮かぶ宵闇。
2.『Mme. Antoine Mari / Tea Rose / A.Mari / France / 1901』 唯一無二の存在です.貴女。
3.『Marie Pavié / Polyantha / Allegatiere / France / 1888』 果たして咲くかな...?
4.『Smith Parish / Found Tea Rose or China Rose / unknown』 二月の一日.蕾がたわわです。
5.#3 すべてが華奢。そして多花性。シーズン中、次から次へと蕾をつけます。
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
一年でいちばん寒い季節がやってきました。
路地裏を...見えない曲り角を...垣根を彩る様々な山茶花.寒椿。
身の引き締まる冴え冴えとした朝に。月灯りに照らされた真夜中の舗道に。
私はそのくれないにそっと唇をよせ...知らず知らずのうちに肺に明かりを灯すのです。

今年の冬...貴方さまにはどんな出来事が訪れましたか?
嬉しいこと.悲しいこと.悦ばしいこと.切ない出来事。哀しい出来事。紡ぐ光の糸。

今月...私はまたひとつ歳をとります。
願わくば...私が今までの人生で関わってきた総ての人々に。
縁ある人...縁が繋ぐ人...縁が切れてしまった人...
遠く離れて住む家人友人.それともただの知人.それならばいっそ...行きずりの情人。
切れてしまったように見えてどこかでまだ繋がっていると信じたい.それは縁なるもの。
たとえ今は逢えなくとも...ささやかながらも幸せな日々を送っていて欲しい。
そう願いながら迎える誕生月です。

〜G d D〜

[PR]
by Noir-Z | 2011-02-01 00:00 | 月季
a0138032_10283362.jpg

a0138032_10293130.jpg

a0138032_10301522.jpg

a0138032_10305256.jpg

a0138032_10313356.jpg

------------------------------------------------------------------------------
1.04~05 a.m.。私はこの時間帯の空の色を信じています。
2.『Mrs Oakley Fisher / (HT)/ B R Cant / UK / 1921 』
3.5.17~18 p.m.。私は夕焼けを美しいと思ったことがありません。
4.『Lavender Pinocchio / (F)/ E S Boerner / US / 1948 』
------------------------------------------------------------------------------
私にとって九月は生地そのものである。
それは時によって粗い帆布綿であったり しなやかな唐縮緬であったりもする。
未だ袖を通さぬうちからフランネルとコーデュロイを秤にかけたりもする。

過ぎ去った八月はリンネルやシルクだったという/嘘。
過ぎ去った八月はジョーゼットだったという/まこと。

港区よりもずっとずっと懐かしいカンブレー/Cambrai。
目黒区よりもずっとずっと真新しいCambrai/カンブレー。

私にとって九月は生地そのものである。

〜G d D〜

[PR]
by Noir-Z | 2010-09-02 07:00 | 月季
a0138032_20524382.jpg

a0138032_20532444.jpg

a0138032_20535622.jpg

a0138032_20543512.jpg

a0138032_20551082.jpg

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
1.2.4.『Mme. Renahy』 * 撮影 / 2010.8.14
3.『Rosa chinensis minima』 * 撮影 / 2010.8.15
5.『山芍薬』 * 撮影 / 2010.8.15
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
今年の夏薔薇の姿は...どの薔薇も どのような花容であれ...実に美しいと感じます。
ひとひらの風も...烈風も熱風も ものともせず、実に涼しげ。一期一会のありがたさ。
薔薇もこの猛烈な陽射しが実のところ名残り惜しいのかな。

まだまだ酷暑が続きますが、皆様どうぞお体ご自愛くださいませ。
日々の感謝を込めて。

残暑御見舞い申し上げます!

〜G d D〜

[PR]
by Noir-Z | 2010-08-16 21:00 | 月季
a0138032_19511166.jpg

a0138032_19514740.jpg

a0138032_19523260.jpg

a0138032_19532659.jpg

a0138032_19541538.jpg

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
1.『 葡萄紅 Pu tao hong (China Rose) / 〜unknown〜 』
2.『 Rosa spinosissima altaica(Species) / unknown / 1820 』
3.『 Francine Austin (English Rose) / Austin / UK / 1988 』
4.『 Rosa pomifera:Rosa villosa pomifera(Species) / unknown / West Asia / 1770 』
5.『 ヨツマタモウセンゴケ / Drosera binata / Australia~New Zealand 』
------------------------------------------------------------------------------
1.この花はベーサルシュートを放っておいたらその枝先に房になって咲いたもの.笑
色合いは若干違いますが「Rosa chinensis」のよう。なんといっても名前が素敵ですよね。
あのふっくらとした花をご存じの方なら意見が分かれそうですが、私はこの姿も美しいと感じた次第。
2.そろそろ収穫かな...。皺がよってきましたから...><
3.『Snow Goose』とは似て非なるもの。花容も個性もまったく違う。どちらも大切です^^
この花まで...生産中止にしたら@@!イギリスのAustin氏に 愛を持って直接 抗議文出すつもりです.笑
4.今朝見たら、さらにオレンジがかってきていました。美味しそうでしょ?笑
齧ってみましたがプラムのような味。今まで味わった薔薇の実の中でも美味しい部類に入ります。
一度葉がすべて落ちてしまって心配だったのですが、今はふさふさした新しい葉を展開させています。
5.丈夫!昨年もupしましたね。モウセンゴケで残っているのはこの種と「コモウセンゴケ」のみ。
------------------------------------------------------------------------------
今回の一連の写真群は正攻法。
特別色調整も施していません。
レイヤーもそろそろ飽きてきました.笑

立秋を過ぎ、坪庭のそこかしこに秋の気配。
空を見上げると更に秋の気配濃厚です。

皆さんの庭は如何ですか?

〜G d D〜

[PR]
by Noir-Z | 2010-08-09 20:00 | 月季
a0138032_21464131.jpg

a0138032_23133627.jpg

a0138032_21484811.jpg

a0138032_21493133.jpg

a0138032_21501176.jpg

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
今日から八月です。
酷暑が続けば続くほど、
ひとは自ら涼を求める努力を、
知らず知らずのうちに失い、
そして捨て去っているような気がしてなりません。
心身共に涼を求めましょう。
夏があるからこそ、忘れてはいけないのです。

〜G d D〜

[PR]
by Noir-Z | 2010-08-01 22:00 | 月季
a0138032_11263637.jpg

a0138032_11272890.jpg

a0138032_11282546.jpg

a0138032_11293140.jpg

a0138032_1130365.jpg

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
1.『Blue for You (Floribunda) /Peter J. James / UK / 2006』
2.『トキソウ(朱鷺草 / Pogonia japonica)ラン科トキソウ属』&『黒軸カリヤス』
3.『セントポーリア 「Debons Misty Morning」 / イワタバコ科アフリカスミレ属』
4.『Rosa rubrifolia * Rosa glauca (Species) Central Europe / 1830』
5.『ベニバナイチヤクソウ(紅花一薬草)Pyrola incarnata / イチヤクソウ科イチヤクソウ属』
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
1.夏の朝、摘みたての薔薇は如何?イメージ通りのなんとも涼しげな匂い。
2.既に花は終わっています。日本は素晴らしい植物の宝庫。
3.セントポーリアには手は出すまいと。よってこのひと鉢だけを大事に育てています。
英名が『African violet』とはなんとも。けれど暑いの駄目、寒いの駄目。
人間が心地よい環境で育てなくてはならない...って、困ったちゃんですね.笑
4.狭い坪庭といえども我が家にはなくてはならない薔薇のひとつ。
今年ようやく3種が仲良く揃いました。昨年「Carmenetta」、今年「Louis Riel」。
5.我が家では何故か...軸がこのように倒れたり枝が曲線を描くこと多々。
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------

小泉今日子さんと永瀬正敏さんが離婚後初の夫婦役を演じるそうですね...w
今回の小泉今日子さんのコメントには痛く胸を打たれました。
私は彼女がデビューしてからアイドルとしての全盛期を経て
現在女優に至るまで...ほぼ人生を共に歩んでいます。
当時から歌はかな〜り下手だったけれど.笑
『声』は素晴らしいと思っていました(歌う時ではなく語る時)
女優に私が不可欠だと思うのはその『声』。
よい素質、よい雰囲気を持っているのに
声で損をしている俳優が沢山いるように思います。

〜かつての恋人が/私の誕生日に/初めて贈ってくれたもの〜
それは『万葉集』でした。
過ぎ去った遠い遠い昔のことです。

〜G d D〜

[PR]
by Noir-Z | 2010-07-07 06:00 | 月季
a0138032_132129.jpg

a0138032_1323118.jpg

a0138032_1325490.jpg

a0138032_1333917.jpg

a0138032_1335612.jpg

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
1.花桃。『香水月季』と同じショットですがフォーマットが違うだけ。
2.私の大好きなガリカの『紫玉』。おそらく好きな薔薇の五本指には入るかな。
花も枝葉も散り際も秋の紅葉も...すべてにおいて好きな薔薇ですが、
春の芽だしの季節は毎春、胸を鷲掴みにされてしまいます。
3.白椿『雪舟』。花も小ぶりで花期も冬から春へとたいへん長いです。
椿は花の大きさと葉とのバランスが決めてのように思います。
4.『香水月季』と同じく多肉のクラッスラーの花。小さな雪柳のよう。
5.まるで姫林檎かサクランボか。株全体のバランスも非常に可憐。
------------------------------------------------------------------------------
私が昔から女性に抱いている印象、そのひとつ。
わたくしでもなく、わたしでもなく、『あたし』。
女性がいちばん情感豊かに聞こえる響きです。

よって『アタシ』と発音する女性は人生の『色』において得をする(気がしている)
色に富んだ人生か、富や安定...名声に恵まれた人生か。
隙のない女性、しっかりした女性は『富』や『名声』において成功を得るかもしれない。
隙だらけの女性は富に恵まれなくとも愛を手中に納める術を技巧ではなく身につけている。
それは育った環境や経験値によって大きく変わるものであろう。
それを同時に使い分ける女性は破滅の淵へ一気に転がり落ちるか、
足枷に縛られながらも外目には豊かな家庭の女性として生涯を終えるだろう。
男は自然とウソを感じ取ることのできる素直で馬鹿な生き物だから。

私は少しだらしないくらいの女性が好きだ。
お堅い公務員然とした女性が定時で仕事を終えたあと
ガードレールに凭れて待っているチンピラみたいな男と
連れ立って腕を組み映画館へと...夜の街へと消えてゆく。
その一連の流れを目にしたなら、
たとえその女性が美しくなかったとしても、
第三者の目にはとても色っぽく映るでしょう?
------------------------------------------------------------------------------

すっかり春めいてまいりました。
当ブログも少しだけ...更新頻度を上げようかと思っております。

G d D

[PR]
by Noir-Z | 2010-03-20 00:00 | 月季
a0138032_16182659.jpg

a0138032_16185265.jpg

a0138032_16192611.jpg

a0138032_1620968.jpg

a0138032_16201727.jpg

------------------------------------------------------------------------------
1.『イワシャジン(Adenophora takedae)/キキョウ科ツリガネニンジン属』
2.『スミレ岩桐草(Petrocosmea flaccida)/イワタバコ科ペトロコスメア属
3.『ゲンノショウコ(現の証拠/Geranium thunbergii)フウロソウ科フウロソウ属』
4.『カリガネソウ(Caryopteris Bunge)クマツヅラカ科(シソ科)カリガネソウ属』
5.『オヤマボクチ(雄山火口)/Synurus pungens/キク科ヤマボクチ属』
------------------------------------------------------------------------------
1.シャジンの雨が降る如く。けれどやっぱりこういった1枚を選んでしまいます。
2.日陰でね。高山植物。
3.この花の持つ色の取り合わせ!グラデーションの素晴らしさ。兎に角大好き!
4.どちらかというと花よりも種を見る為に育てています。あの種の形状が好きなんです。
5.ようやくここまで。実に男っぽくて素敵な草花だと思います。草丈は60cm程...。

私は紫と黄色の取り合わせが実に好きで、
時に纏う衣服でも知らず知らずのうちに選んでいたりする。
尾瀬で見たキツリフネが忘れられない。育てたいな〜...。
------------------------------------------------------------------------------
秋雨のうら寂しさが好き。
まぁ...雨はどの季節でも好きなんですが。
ひと雨毎に季節がめまぐるしい早さで移ろってゆくけれど。
それは私たちが感じているよりもっとずっと早い速度なのかもしれない。
草花たちは冬を迎える準備を着々と進めているように感じるから。

今が盛りと秋を彩るむらさきの花々。
雫を纏った花弁にそっとくちづけをしたくなる。
暗い庭で屈んだ私の上空を飛行機が轟音を立てて飛び去っていった。

G d D

[PR]
by Noir-Z | 2009-09-29 07:00 | 月季
a0138032_6301186.jpg

a0138032_6312036.jpg

a0138032_6321441.jpg

a0138032_6324383.jpg

a0138032_633195.jpg

------------------------------------------------------------------------------
1.『北岳トリカブト/Aconitum kitadakense Nakai /キンポウゲ科トリカブト属』
2.『ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋)Argyreus hyperbius』
3.『ガイラルディア/Gaillardia grandiflora/キク科テンニンギク属』
4.『ツマグロヒョウモン/褄黒豹紋/Argyreus hyperbius』
5.『ヤマユリ/山百合/Lilium auratum/ユリ科ユリ属』
------------------------------------------------------------------------------
ほんの少し長い夏休みをいただいておりました。
とても元気に暮らしています。
昨年は灼熱の古都へ。
今年は八月の最終週に尾瀬へ。
短い旅は楽しいものです。
皆さんはどんな夏を過ごされましたか?

タイトルは僕の敬愛するアガサ・クリスティの1941年の作品から。
映画化された作品の出来はどうであれ...毎年欠かさずに見る一本です。
若かりし...マギー・スミスの装いが素敵。
もちろん小説も読み返します。
彼女の作品の素晴らしさは『犯人』を忘れてしまうことにあります。
------------------------------------------------------------------------------
G d D

[PR]
by Noir-Z | 2009-09-04 01:00 | 月季
a0138032_1564341.jpg

a0138032_1551670.jpg

a0138032_158186.jpg

a0138032_1592270.jpg

a0138032_20821.jpg

------------------------------------------------------------------------------
1.『オオナガレ』二番花〜小ぶり〜。極々シンプルなクレマチス。
2.『Rosa chinensis minima』春の草ぶえの想い出。ホントによく咲く。新苗だってこと忘れそう。
3.『ブルーベリー/ティフブルー』白.ピンク.薄紫に青紫...色とりどりの夏果実。
4.『コマツナギ/Indigofera pseudotinctoria』豆科の美しさ。
5.『タンナタムラソウ/済州島タムラ草/Serratula coronata var.insularis』モリアザミは開花待ち。
------------------------------------------------------------------------------
青い小花を散らしたドレス。
古くなってもその1枚は。
ただ捨てないで袖にして。
深爪 指切り 長い爪。

夏に映え さえざえ。
夏にさえ さめざめ。
あなたの影が ただ白く。
焼けたうなじに触れた いま。
横顔さえも ただ白く。

夏に映え さえざえ。
古くなってもその1枚は。
褪せて紫。
紫 汗で。
汗で 紫。
紫 褪せて。
------------------------------------------------------------------------------
夏の50枚が出揃いました。
好きなドレスをお選びください。

G d D

[PR]
by Noir-Z | 2009-08-06 01:00 | 月季
←menuへ