カテゴリ:定点観察( 11 )

a0138032_311793.jpg

a0138032_313541.jpg

a0138032_12251418.jpg

a0138032_33680.jpg

a0138032_12261676.jpg

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
1.『ラナンキュラス / Ranunculus hybridus / キンポウゲ科キンポウゲ属』
2.『ヒヤシンス / 風信子 / Hyacinthus orientalis / ユリ科ヒヤシンス属』
3.『#36 / ヘレボルス / Helleborus. torquatus hybrids / キンポウゲ科』
4.『ラナンキュラス / Ranunculus hybridus / キンポウゲ科キンポウゲ属』
5.『#24 / ヘレボルス / Helleborus. Double Dumetorum hybrids / キンポウゲ科』
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
真冬といえども。
一度園芸に手を染めてしまった者はいつになく忙しい。
秋から冬へと移行する時節に手をかけた球根植物の行方。
沈丁花や梅が辺り一面にそのふくよかな匂いを漂わせ....
室内を彩るヒヤシンスは徒長し...やがては萎れてゆく。
薮椿が散り...ヘレボルスの種が弾け...あたり前のように薔薇の季節がやってくる。
私はその花本来の花期とは関係なく...いつでもそれらを見守っている。

緑を愛し、薔薇を心底憎み、椿や夾竹桃の美しさを讃えたあなた。
共に植えた桃の樹はさぞや大きく育っていることでしょう。
あなたは表を大きな花木で彩り。
わたしは玄関へと繋がる裏側を.地を這うきんぽうげで埋め尽くした。
郊外の里山に燦々と降り注ぐ春の陽光を浴びて揺れる花桃の枝先。
今年はいったいどんな貌を魅せてくれるのでしょうか。

そんなあなたの誕生日は奇しくも薔薇が満開になる季節。
わたしは花のない凍てつく季節に生まれた。
今月またひとつ歳をとります。
鍵を開けてくれたあなたに。
こころからありがとう、です。

〜G d D〜

[PR]
a0138032_20253290.jpg

a0138032_20261464.jpg

a0138032_20264891.jpg

a0138032_20272294.jpg

a0138032_20275817.jpg

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
1.姫蓼(ヒメタデ)
2.Brassavola nodosa(Lady-of-the-night orchid) & Rosa chinensis var. 'spontanea'
3.Alsobia 'Cygnet'(アルソビア シグネット) & Episcia(エピスシア 'スオミ')
4.飛び込み菊*クミンさん、この菊で〜す.^^
5.Viola sororia 'Freckles'(ビオラ ソロリア ‘フレックルス’)
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------


〜G d D〜

[PR]
a0138032_2014825.jpg

a0138032_19595164.jpg

a0138032_20124.jpg

a0138032_2024087.jpg

a0138032_2033685.jpg

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
1.『Anna Olivier』よく咲きますね。秋〜冬の姿は格別美しいです。今年は12月にも咲いてもらう予定。
2.『四季咲き山椒薔薇』肥料を与えれば律儀に蕾を立ち上げてきます...が...放っておけばビクともしません.笑
花径は箱根山椒薔薇と姫山椒薔薇の中間位。
3.『姫桜桃』 花が可愛いのでもう少し大きく育てようかな。
これは掌サイズ。とてもちいさな盆栽です。毎年今頃花をつけます。
4.『四季咲き山椒薔薇』半信半疑でしたが現にこうして冬にも出会えます。
果たしてどうなんでしょう...。本来なら一季咲きの野生種ですから有り難みというものが...笑
5.『Rosa Pomifera』収穫豊作!たわわです...。
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
〜G d D〜

[PR]
a0138032_18455078.jpg

a0138032_18464019.jpg

a0138032_18474976.jpg

a0138032_18483543.jpg

a0138032_18492540.jpg

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
1.5.『もりあざみ / 森薊 / Cirsium dipsacolepis / キク科 / アザミ属』
2.〜4.『アーティチョーク / Artichoke / Cynara scolymus / キク科 / チョウセンアザミ属』
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
私のちいさな書架にある昭和40年代の古い植物図鑑には。
アーティチョークは『あてちょうく』と記載されている。
私にはこの響きがなんとなくではあるが...好ましく思われて。
胸の中では『あてちょうく』、と...今でも呼ばせてもらっている。
以前住んでいた坪庭ではいちばん端に。
庭の番人として居座ってもらっていた。
それでも時々どんな様子なのかを横目で見ながら...
食用ではなく観賞用の花として大切に育てていた。
大きく場所をとりながらも...半日陰でもよく育った。
アカンサスモリスなども然りである。
けれどどちらも...この新しいベランダでの栽培は難しいだろうなぁ...。

もりあざみは立ち枯れても、実に美しい姿を雪が舞い降りる頃まで保ち続ける。
初夏から初秋にかけての名残りを初冬に見るせつなさ...であります。
呼び名は変わっても...季節はお互いに繋がっているんですね。

〜G d D〜

[PR]
a0138032_3132699.jpg

a0138032_3135025.jpg

a0138032_3145248.jpg

a0138032_3153238.jpg

a0138032_3161451.jpg

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
1.2.4.5.『 Rosa clinophylla (Species) 』
蕾の写真を除き、どの花も昨日、日曜日に撮ったもの。
いちばん最後の写真は早朝、朝陽の中で撮った一枚です。
花の写真を撮る時、我が家は半日陰なのであまり苦労しませんが
自然光の美しさに勝るものはありません。
そして花自身も光を...自然光をいちばんに求めているのです。
3.『 ヒメノキシス エレガンス イエロー / キク科ヒマワリ属 』
なんだかmarimekkoのテキスタイルような、端正且つ素朴なストライプ.笑
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
昨年2009年の春、草ぶえの丘から新苗で迎えたこの薔薇。
花を見たさに一度咲かせて、膨らみつつある実を取り去ったのはつい先日のような記憶です。

あれから一年が経ち、二年目にあたる今年、この薔薇の生態に驚きを隠せません...。
春から7月も終わりにさしかかろうとしている今でさえ、途切れずに咲き続けているのです。
しかも肥料を一切与えていません。施肥を行ったのは春の芽だしの頃に一度だけです。
うどん粉、黒点一切なし、病気にかかることは皆無に等しい。
そしてもうひとつ。日差し厳しいこの季節に、次々と葉を落とす薔薇の中にあり
この『Rosa clinophylla』の葉は、非常に美しい季節を宿した状態で青々としたままであるということ。
一重の薔薇にありがちな、咲ききると平咲きになり花弁が反り返る...という事がないのです。
この抱え咲きの状態を保ったままで、何の未練も残さず...、花びらは、はらりと風にさらわれてゆく。

強い陽射しに純白の花弁は痛むことなく、むしろ夏を楽しんでいるかのよう!

インドではこの薔薇と、「Rosa gigantea」や「Rosa chinensis var.spontanea」を用いた
交配を積極的に取り入れている育種家さんもいらっしゃるようです。実に興味深いですね。

野生種にもかかわらず、延々と咲き続ける薔薇。
時間帯を変えて何枚か撮ってみました。
フルーツ香。所謂レモンを蜂蜜に溶かしたような香りではなく、
果実本来が持つ瑞々しい甘さ。
南国の果実、マンゴーのような芳醇な匂いです。

〜G d D〜

[PR]
a0138032_8161413.jpg

a0138032_8163920.jpg

a0138032_817948.jpg

a0138032_8173890.jpg

a0138032_8181043.jpg

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
おはようございます。
なんとも梅雨らしい しっとりとした朝になりましたね。
...と、云いたいところですが、...蒸します! ><;
雨は好きですが、このもわーっとした感じはさすがに苦手です。
息苦しくなります...。せめて気分転換に新しい素敵な傘が欲しい。

さて...我が家にはサンショウバラが3株あります。
ひとつは基本種、山野草店から迎えたものでタグには「箱根サンショウバラ」。
そして「八重咲きサンショウバラ」、こちらも山野草店から迎えたもの。
さらに三つ目の株は今年迎えた『四季咲きサンショウバラ』なるもの。

この薔薇の存在は、友人がネットで見かけてメールで私に知らせてくれたもの。
「自分の友人が好きなものをそれとなく頭の隅において気にかけてくれる」
さりげない行為かもしれませんが、日常では忙しさにかまけて
とかく忘れてしまいがちなものです。とても嬉しかったのを憶えています。
さて...詳しい記述はチョット忘れてしまったのですが、
何万本の樹の中から突然変異的に発見されたものという事でした。
(樹本体ではなく枝がわり的なものではないかと思うのですが)
山椒薔薇ずきの私としては、いてもたってもいられなくなり飛びついたという訳です.笑
最初は半信半疑だったのですが、まだ肌寒い早春に届いた苗を見てビックリ。
片手を丸めた中にすっぽり収まる程のちいさなちいさな苗木だったのです。
ですので、最初は直径7cm、高さ8cmの鉢に植えました。
水切れが非常に心配だったので、蕾がつくまではただひたすら見守り続るだけ.笑
まず4月下旬だったか5月初旬あたりにひとつ蕾がつき無事に開花しました。
ここまでは...『ふ〜ん...』てなもので、今後どうなるのか皆目見当もつかなかった訳です。
(株元からシュートというよりも(挿し木苗なので)ひこばえがぐーんと伸びてきました。
そして5月の中旬を過ぎた頃、一気に蕾が3つ つき、その蕾たちもすべて開花しました。
そして6月に入り、他の薔薇の世話にかまけている最中フトその鉢を見ると蕾が5つも...@@;

四季咲きというよりもほぼ断続的に咲き続ける訳です。
(この春に3回咲いたということになりますね)
現在は直径15cm、高さ13cm程の素焼き鉢に植えています。
この鉢はお気に入りで、以前IDEEが骨董通りにあった頃に買い占めておいたもの.笑
色は通常のテラコッタよりも薄く肌色に近いもの。(モスポットとも違うものです)
どんな草花とも相性が良く、気に入っていたのですが、近年とんと見かけなくなりました。
皆さん、気に入った鉢は買ってストックしておくことをオススメ致します.笑
樹高は現在20cmどまり。ヒップはことごとく落ちて、現在ひとつだけ綺麗に丸みを帯びています。
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
1.2.4.『四季咲き山椒薔薇(Rosa hirtula)』

3.『Rosa palustris』「Rosa foliolosa」と共に、今年の春を締めくくる薔薇でした。

5.『桃色昼咲き月見草/Oenothera speciosa var. childsii/アカバナ科マツヨイグサ属』
我が家のメインの月見草は黄花、花つきは恐ろしいほど抜群です。
あまりにも花期が長く咲き続けるので、先日すべて花つきのまま剪定しました。
全部で計3種、残り1種は『白花琉球月見草』になります。
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
大きくならずに、わずか5cm前後の樹高で花を咲かせる
一才性のサンショウバラということでしたが
たしかに最初の一輪を見た時は軽い衝撃受けました.笑
現在20cmといっても「Rosa chinensis 'minima' 」などに比べてもはるかにちいさい株です。
おそらくこの細枝には蕾はつかないだろう...と思った矢先に膨らんでくるのですから驚きです。
しばらくは定点観察ということで、今後の成り行きを見守りたいと思っています。

ちなみに八重咲き山椒薔薇の昨年の姿はこちら
あまり美しい瞬間ではありませんが、花弁数がわずかに1〜2枚多いような気がします。
(その時、私はクラゲのようだと思った.笑)
そして無理に咲かせた『Rosa Clynophylla』の新苗の花。
花弁が薄く...まだ弱々しいのが見てとれますね。
今年の『〜Clynophylla』の花と見比べてご覧になられたら
違いがはっきり感じられるかと思います。
花つきの点においてもそうですし、蕾の形状さえ違うのがなんとも嬉しい!
やはり定点観察は何事においても重要だと感じる次第です。
人間同士のおつき合いもそうですね。
たとえ会えなくとも連絡を取り合うことで生じる何かがあります。
1〜2週間に一度のんびり観察という訳にはいきません。
相手は生き物ですから...。

〜G d D〜

[PR]
a0138032_7455669.jpg

a0138032_7461138.jpg

a0138032_7463417.jpg

a0138032_746565.jpg

a0138032_7471279.jpg

------------------------------------------------------------------------------
1.『Mrs.Herbert Stevens (Hybrid Tea)/Pernet-Duche:UK:1910』
2.『沢ヒヨドリ/沢鵯(Eupatorium lindleyanum Eupatorium)/キク科フジバカマ属』
3.『Narrow Water(Noisette)/Daisy Hill Nursery:UK:1883』
4.『オケラ 朮(紅花)/Atractylodes japonica/キク科オケラ属』
5.『オヤマボクチ(雄山火口)/Synurus pungens/キク科ヤマボクチ属』
------------------------------------------------------------------------------
1.秋薔薇ですね..。この薔薇はおじいさんになっても育てたいと思っています。
2.フジバカマみたいな感じですがより野草に近い印象。この花も綿毛を見る為。
3.完全四季咲き性じゃないかと思います...。とにかくよく蕾をあげてきます。
4.オケラはどの段階も美しいのですが、この姿は最終型。
5.初夏からこの秋にかけてひたすら観察し続けました。まことに美しい!!!
右隣の状態から最終的にこの姿になります。
------------------------------------------------------------------------------
ここしばらくPCが不調です。
メールをいただいた方々には返信が遅くなりご不便をおかけ致しました。
私はあまりネットに依存しないよう普段から心がけていますが、
さすがに一週間を過ぎた頃には...多少イラつきました(笑)
昨晩などは電気ドリルが回転するような轟音が響き...慌てて強制終了!
画像を整理していたのですが、しばらくは近寄りたくもありませんでした...。

まぁ...なんとか撮りためた写真の整理も無事終わり胸を撫で下ろしたのも束の間。
またいつ不調に陥るか予想もつきません...今のところ。
自身のブログよりも、皆さんのところへ遊びに行けないのがなにより辛いところです(笑)

...さて、『香水月季』に秋の坪庭の様子をUPする予定です。
我が家の秋薔薇は順次ゆっくりと開花していきます。
既に色づき始めた実や色とりどりの野菊たち。
枚数が多くなると思われますので、
お使いのPC環境によっては表示に時間がかかるかもしれません。
どうぞご了承ください。それとも2~3回に分けた方がいいのかな?
この季節は草花の変化も著しい時期です。
狭い坪庭でひしめき合いながらも
仲良く共存する草花たちをご覧いただけたら幸いです。
秋は最も好きな季節。
澄んだ朝の庭に珈琲片手に降り立つとき、
わたしは何よりもしあわせを感じます。

G d D

[PR]
a0138032_15212731.jpg

a0138032_15215464.jpg

a0138032_15223228.jpg

a0138032_15225631.jpg

a0138032_15231623.jpg

------------------------------------------------------------------------------
1.『マツムシソウ/スカビオサ(Scabiosa japonica)/マツムシソウ科マツムシソウ属』
2.『モリアザミ/(Cirsium dipsacolepis)/キク科アザミ属』
3.『Lilac Charm(FL)/LeGrice/UK/1962』
4.『Smith Parish(Found Tea)』
5.『LE・FEU D'ISSEY / EAU DE TOILETTE』
------------------------------------------------------------------------------
古いポラロイドを何枚かPick upして新しいフォーマットを作りました。
『Noir-Z』で私が試みたかったことは、「今朝の庭」を記録すること。
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
モリアザミの葉にカタツムリ。
まだ小さかったけれど、すごく久しぶりに出会えた気がした。
なんだかとても嬉しかったのです。

G d D

[PR]
a0138032_2283856.jpg

a0138032_2291230.jpg

a0138032_2295895.jpg

a0138032_2211028.jpg

a0138032_2211458.jpg

------------------------------------------------------------------------------
1.『タンナタムラソウ/済州島タムラ草』咲いた!キク科アザミのエレガンス。
2.『Rosa chinensis minima』あなた野の花?誰のため?朝な夕なに誰のため?
3.『Golden Wings』しばしの休息。夏鳥は次の季節へと飛び立ってしまう。
4.『姫フウロ(白)』こんなに蒸しても連続開花。
5.『Narrow Water』とても素敵な響き。夏花は最後には真っ白に...。
------------------------------------------------------------------------------
夏が来たよと促されても。
それでも咲かない年もあり。
夏が終わると促されても。
それでも咲くなら咲くがいい。
零れるままに咲くがいい。
------------------------------------------------------------------------------
たった1枚の写真だけで。
あなたを表せない腑甲斐なさ。
僕がずっと疑問に思ってきたこと。
あらたな頁を綴るのが。
今はただただ...嬉しいのです。

G d D

[PR]
a0138032_0324977.jpg

a0138032_034105.jpg

a0138032_0345021.jpg

a0138032_0361121.jpg

a0138032_0364741.jpg

------------------------------------------------------------------------------
1.『ヨツマタモウセンゴケ』(花)直径2mm程の可憐な花。素晴らしい造形美。
2.『リュウキュウテリハノイバラ』春に草ぶえから迎えたばかり。咲き続けています。
3.『姫フウロ(白)』蕾がいっぱい。意外にも丈夫そう。
4.『裏白苺...もしくは海老殻苺、山苺』~Rubus phoenicolasius~ 雫を捉えて離さない。
5.『ヨツマタモウセンゴケ』日に当たらないと溶けてしまうんだってね。

------------------------------------------------------------------------------
G d D
[PR]
←menuへ