カテゴリ:日暮らし( 8 )

a0138032_0187.jpg

a0138032_015921.jpg

a0138032_0238100.jpg

a0138032_03729.jpg

a0138032_033976.jpg

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
1.5.『清澄白山菊』
2.『Thérèse Bugnet / 葉』
3.『Bella Donna / dried flower』
4.『Jude the Obscure & Felicia』
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
〜G d D〜

[PR]
a0138032_13395135.jpg

a0138032_13372255.jpg

a0138032_13381343.jpg

a0138032_13391142.jpg

a0138032_13363391.jpg

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
1.『Mme. Maurin (Tea Rose) / Jean-Baptiste (père) Guillot / France / 1853』
2.『Rosa foliolosa (Species) / unknown / North America / ←1880』
3.『もりあざみ / 森薊 / Cirsium dipsacolepis / キク科 / アザミ属』
4.『紅玉山楂子~一才性~(Crataegus cuneata)/ バラ科 / サンザシ属』
5.『Thérèse Bugnet (Hybrid Rugosa) / Bugnet / Canada / 1950』
------------------------------------------------------------------------------
1.2.5.の写真は今朝撮ったばかりのもの。
山楂子の実は現在真っ紅に色づいていて思わず齧ってみたくなる衝動に...。
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
真夏の盛りに私は引っ越しをした。
盛りといっても暦の上では既に晩夏である。
つい昨日の事のようだが遠く過ぎ去った昔のことのようにも感じられる。
秋分の日を境に...陽射しも、目には見えない風の姿も変わったせいだろう。

部屋よりもまずはベランダだった。
搬出も搬入も家財よりも植物が先。
お世話になった引っ越し業社には
見積もりの際にもまず坪庭を案内し、
私が育てている薔薇の鉢の数...
その生い茂った草花の群れを見てもらった。
陽に焼けた営業の青年は仰天していたように思う。
引っ越し当日は目も眩むような晴天。
じっとしていても湧き出るように汗が出た。
おそらく気温は40℃近くあったに違いない。
------------------------------------------------------------------------------

新しい部屋の差し向いの鄙びたマンションに
ベランダで草花を育てている50過ぎの女性が居た。
50過ぎと感じたのは私のただの直感だからもう少し若かったかもしれない。
間に遮る建物がない分...其所はとても近く感じられて
声をかけたら会話ができそうな距離に感じたものだ。

或る朝、目が覚めて窓を開け、慌てて水遣りの支度にかかった。

朝陽に照らされた差し向いの部屋は蛻の殻になっていた。

私は暫し呆然とし...一体いつ越したのだろうと考えた。
昨日まであった暮らしの爪痕はもう微塵も感じられなかった。

そうか...九月になったのだ...、と、その時初めて気がついた。
おそらく八月末までの契約だったのだろう。
わずか数日間の事だったが他に家族の影は感じられなかったように思う。

その部屋はまだ空室のままである。
どんな人が越してくるのであろうか。

〜G d D〜

[PR]
a0138032_17105895.jpg

a0138032_17115497.jpg

a0138032_1712572.jpg

a0138032_17142486.jpg

a0138032_17155265.jpg

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
1.『エゾルリソウ(蝦夷瑠璃草) / ムラサキ科 / ハマベンケイソウ属』
2.『ゲンチアナ ベルーナ / Gentiana.verna / リンドウ科リンドウ属』
3.『センジュガンピ(千手岩菲) / ナデシコ科センノウ属』
4.『クレマチス 『紫の上』 / Viorna系』
5.『クレマチス 『ギャロル』(Galore) / Jackmanii系』
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
1.この青さ、透き通るような弁質。粉を叩いたようなマットな葉。
非常に感激したのを覚えています。
2.私は所謂『夏越し』にそんなに執着がないのです。
たとえそれが一期一会になろうとも。
高山性の植物は流木をくり抜いた鉢にまとめて植えています。
3.おそらく私が生涯愛で続けるであろう...夏に涼を添える可憐な白花。
4.『Addisonii』の選抜種のようですね。木立性でなかなかよい雰囲気。個体差がありそうです。
5.この花と非常によく似たintegrifolia系でなーんと!『Harlow Carr』というクレマが存在!!!!!
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
日本特有の湿度の高い日々が続いています。
この湿度の高い梅雨を経て短い夏は終わります。
不快指数は高めですがなくてはならない季節。
通らなければならない時節です。
そして私は意外にも...この『夏』という短い季節が大好きなのです。


今年我が家で初夏に咲いた『涼花』をお届けします。
どうぞゆっくりお楽しみいただけたら幸いです。

〜G d D〜

[PR]
a0138032_22455620.jpg

a0138032_22452787.jpg

a0138032_22461977.jpg

a0138032_22464976.jpg

a0138032_22471984.jpg

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
1.~5.『黒百合/Fritillaria camschatcensis/ユリ科バイモ属』

今朝、いちばん好きな黒百合が咲いた。
毎年少しずつ迎える。
どの黒百合がどの時期に此処へ来たかも憶えている。
個体差に幅がある植物のような気がしてならない。
うなじにさっとひと刷け...紅を宿したもの。
弁端に苔を抱え込むもの。透き通るもの。
光を受け入れ編笠模様に交差するもの。
葉に斑点を散らしたもの。
流れる墨を葉先へ落とすもの。
今日は部屋と坪庭を右往左往しながら汗を流した。
一日中黒百合の事だけ考えて過ごしたんです。
------------------------------------------------------------------------------
                          
〜 G d D 〜

[PR]
a0138032_7112866.jpg

a0138032_7141984.jpg

a0138032_720592.jpg

a0138032_7223575.jpg

a0138032_7234599.jpg

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
1.椿『卜半/月光/ガッコウ』
数年育てていますが、今年の卜半は今までに見たどの姿より美しいです。
その年によって中心部の唐子弁に散り斑が入ったり入らなかったり。
なによりも今年は...黒椿に近いような翳りを帯びながら
同時に光を放っているかのような艶やかさ。まことに美しいです。

2.『花梨』私にとって...とても想い出深い樹のひとつ。(撮影/3月23日)
春そのもののような...野生種の薔薇のような...一日花ですが心惹かれるものがあります。
この冷たい雨があがったら、あの凛とした花にもうすぐ出会えるでしょう。

3.『ヤブレガサ』先日...鉢を整理していて、このふた芽を発見したときの歓び!(笑)
今年は手前にもうひとつ芽が見えます。妖精が3人になったらまたお披露目。

4.『Rosa willmottiae』ほぼ均等に米粒大の蕾がついています。
昨年の暮れ、私の背丈をゆうに超すこの苗を電車で運び帰ったことも今では笑い話。
今年は久々に配置変えをし、窓を開けたらいちばんに目に飛び込んでくる場所に。
シナモンのような枝の色。そしてなによりもその葉の愛らしさ。枝垂れ梅のような樹型。

5.ユリは深植えが基本とされていますが、黒百合だけは毎年こうして植え付けています。
沈んでも地上部に引き上げます。去年はひと芽。今年はふた芽。
乾燥を嫌いますから苔は必須。夏場など...時には全体を覆ってあげたりもします。
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
綴っては破り捨て。
破り続けては綴り。
真夜中にひとりで綴る黒百合日記。
誰も知らない黒百合日記。
------------------------------------------------------------------------------

G d D

[PR]
a0138032_1581049.jpg

a0138032_158449.jpg

a0138032_1591611.jpg

a0138032_1593695.jpg

a0138032_1595516.jpg

------------------------------------------------------------------------------
1.5.『Crépuscule(Noisette)/Dubreuil/France/1904』
2.『大毛タデ(大毛蓼)Persicaria orientalis/タデ科タデ属』
3.『グリーン ホーネット(Sapium sebiferum)/トウダイグサ科サピウム属』
4.『野葡萄(Ampelopsis glandulosa var. heterophylla)/ブドウ科ノブドウ属』
------------------------------------------------------------------------------
私はもう冬の事を考えている。
いちばん好きな季節がこれからやってくる。
今年の冬、私を驚かせてくれるのはどんな薔薇?
蕾のまま終わってしまうかと思えば...
雨の朝とびきり綺麗に咲いていたりするその薔薇を。

フレンチベージュのステンカラーコート。
赤いマフラー、赤い傘。
そしてグレイのコンバース。
色彩を身に纏うことを思い描くのは心にも体にもよい効果をもたらす。
そう、色んな場所へ出かけよう!
考えただけでワクワクする。

G d D

[PR]
a0138032_192442.jpg

a0138032_11005.jpg

a0138032_1103015.jpg

a0138032_11147.jpg

a0138032_111395.jpg

------------------------------------------------------------------------------
1.『Irish Elegance』隣家の壁をバックに。
2.『レモンティーツリー』の茂み。枝も葉も汚さずどんな季節にも寄り添う。
3.『絞り咲き松本センノウ』かなり渋いマットなピンク。
4.『ツメクサ』。
5.『Irish Elegance』住宅密集地に住んでいると...時にこんな1枚に巡り会います。
------------------------------------------------------------------------------
明日は一日ゆっくり庭仕事!
土砂降り...大歓迎です^^
今夜の雨に促されて...何かしら蕾みがほどけていたりするのかな?

雨あがりの朝は 新たな発見に胸が躍ります。
皆さんもどうぞ好い週末をお過ごしください。

G d D

[PR]
a0138032_661069.jpg

a0138032_662897.jpg

a0138032_665017.jpg

a0138032_681774.jpg

a0138032_69645.jpg

------------------------------------------------------------------------------
1.5.『Miss Caroline』
2.何だっけ...?やわらかな黄色い花を咲かせたんだけど...。
3.『沢白菊』 『ミシマサイコ』
4.『ツユクサ』
------------------------------------------------------------------------------
『Miss Caroline』は途切れずにどんどん花を咲かせる。
小枝を密に分岐させるけれど、ちっとも大きくなりません。
樹高30cmくらいかな。
真夏にもきっと愛らしい素朴な花を咲かせることでしょう。
Brabant Familyは逞しいね。
ミシマサイコも少しずつ花開いてきました。
湿度がほんの少しやわらいで気持ちのいい朝。
慌ただしい月曜日の朝はツユクサから始まります。

G d D

[PR]
←menuへ