カテゴリ:Sweeter than Sweet( 15 )

a0138032_36375.jpg

a0138032_371141.jpg

a0138032_374974.jpg

a0138032_381977.jpg

a0138032_383959.jpg

------------------------------------------------------------------------------
1.『Comtesse de Barbantane/(Bourbon)/Guillot/France/1858』
2.『ロベリア プリンセスブルー/Lobelia Princess Blue/キキョウ科ミゾカクシ属』
3.『オケラ 朮(紅花)/Atractylodes japonica/キク科オケラ属』
4.『オレガノ/Origanum laevigatum 'Herrenhausen'/シソ科ハナハッカ属』
5.『オヤマボクチ(雄山火口)/Synurus pungens/キク科ヤマボクチ属』
------------------------------------------------------------------------------
1.8月最終週の花容。繰り返しよく咲いて、その姿はまさにオールドローズといった趣き。
2.まるで山野草のような佇まいです。
3.白も育てていますが、どちらとも今のところ...日々変わらず成長はマイペース。
4.これはあくまで観賞用のオレガノのようですね...どうやら。最近入手しました。
5.何度も水切れ寸前の状態に陥ったけれどなんとか復活!
------------------------------------------------------------------------------
花々は枝葉さえも染めて次の季節へ。
秋は虚ろな面差し。
さよなら夏の男たち。

G d D

[PR]
a0138032_27885.jpg

a0138032_27294.jpg

a0138032_275231.jpg

a0138032_282287.jpg

a0138032_283872.jpg

------------------------------------------------------------------------------
1〜5.『Mme. Laurette Messimy (China Rose) /Guillot/France/1887』
春から数えて3度目の開花。
微香と記されている図鑑等もありますが 芯の強い濃厚な香り。
あたりに漂うほどではないけれど...密度が非常に濃い印象。
よく冷えたアールグレイに南国の果実を絞り入れたよう。
この薔薇の持つ匂いを 僕はとても好ましく思っています。
夏には蕊を見せながらひらひら蝶が舞うように項垂れ...風に揺れる。
朝日に透けた雌蕊は紅く...ゆるやかな花容に彩りを添えます。
大好きな薔薇だからこそ...夏の姿をグレイとピンクで。
樹形はコンパクトでやや横張り。鉢植えにとても映えます。
------------------------------------------------------------------------------
終の住処へいざなう蝶は。
どんな羽色の蝶かしら。
夢かと紛う白い指。
ひらひら行く手を阻むよう。

G d D

[PR]
a0138032_1405092.jpg

a0138032_1384872.jpg

a0138032_1391458.jpg

a0138032_1394387.jpg

a0138032_1401374.jpg

------------------------------------------------------------------------------
1.『Golden Wings』蕊が美しい薔薇、僕の庭になくてはならないもの...。
2.『Perfection de Montplaisir』咲いてばかりいるから、いつまで経っても華奢なまま。
3.『Irish Elegance』この薔薇の夏の姿はとても風情があります。
4.『姫フウロ(ピンク)』とっても丈夫です。白よりほんの少し花径が大きめ。
5.『Rosa virginiana』色が移ろいゆく夏だからこそ目が離せません。
------------------------------------------------------------------------------
今夜の写真は10枚組になっています。→
皆さん、どうぞ素敵な夢を...。
おやすみなさい♪

G d D

[PR]
a0138032_05753100.jpg

a0138032_1292862.jpg

a0138032_059680.jpg

a0138032_0593299.jpg

a0138032_0594749.jpg

------------------------------------------------------------------------------
1.『Aimee Vibert』夏はあなたの季節だね。
2.『ミシマサイコ/三島柴胡』ちょうど今が見頃。花期も長く丈夫なセリ科の多年草です。
3.『Bayse's Purple Rose』人間も草花も...どちらかといえば一重の方が好き。
4. 何だっけ?近々タグを調べます。可愛いでしょ?とてもちいさな花、ナデシコの仲間です。
5.『マルバ・パークアリー』花径5cm程の可憐なタチアオイ。今夏で二年目を迎えました。
------------------------------------------------------------------------------
G d D

[PR]
a0138032_731653.jpg

a0138032_056339.jpg

a0138032_0565590.jpg

a0138032_0571521.jpg

a0138032_059587.jpg

------------------------------------------------------------------------------
1.『Mme. Georges Bruant』二番花。
2.『Irish Elegance』気怠い朝、よく冷えたアイスティーは如何?
3. 夏蜘蛛。
4. [Irish]と [Elegance]、どちらの響きも好き。
5. 裏白苺...もしくは海老殻苺。~Rubus phoenicolasius~
------------------------------------------------------------------------------
しろに ひそむ くれない。
毒虫の一生をご存知?
蜘蛛の名を私は知らない。

G d D

[PR]
←menuへ