カテゴリ:Dayflower( 9 )

a0138032_1872174.jpg

a0138032_1881315.jpg

a0138032_1884798.jpg

a0138032_1892644.jpg

a0138032_1895623.jpg

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
1.『Martha Gonzales(China Rose)/unknown〜unknown』
2.『Rosa rubrifolia:Rosa glauca (Species) /Southwest Europe/1830』
3.『ヒメニッコウキスゲ(姫日光黄菅/Day Iily)/Hemerocallis middendorffii var. esculenta』
4.『Basye's Purple Rose(Hybrid Rugosa)/Dr. Robert E. Basye/US/1968』
5.『カワラナデシコ/Dianthus superbus(カワラナデシコ同様草丈高く倒れますがおそらく園芸品種)』
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
☆☆☆
☆☆☆
☆☆☆
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
『Rosa rubrifolia』...以前住んでいた一階の坪庭が懐かしいです。
世間は他人事のように前向き前向き...って簡単に云ふけれど。
私は嫌いですね。前向きとかポジティブとかいう『言葉』が。
なんだか電車の中吊り広告の文字のようにしか理解できない。
そんな安っぽい言葉より私は。
目を開けたまま見る夢が好き。

毎年...八月はあっという間に過ぎ去ってしまう。
夏花は短い命。だからこそ美しいのかもしれません。
此処へ越してきてもうすぐ一年になります。

〜G d D〜

[PR]
a0138032_2082076.jpg

a0138032_208189.jpg

a0138032_2010662.jpg

a0138032_20103974.jpg

a0138032_20111633.jpg

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
1.#26 兎に角...小輪で可愛らしいです。
2. 『Miss Caroline』
3.『Rosa Willmottiae』
4.『Stanwell Perptual』
5. #7
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
〜G d D〜

[PR]
a0138032_2047459.jpg

a0138032_20482514.jpg

a0138032_2049544.jpg

a0138032_20493391.jpg

a0138032_2050761.jpg

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
1.2.4.『Mme. Melanie Willermoz』
3.5.『四季咲き山椒薔薇』
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
絶え間なく薔薇の咲く冬です。
Mme. Melanie Willermoz。
儚いTea Roseは秋よりも更にふっくらと。
日に日に蕾を膨らませています。
寒さに痛んでいるけれど。
凍えて病んでいるけれど。

とても綺麗でしょう。

〜G d D〜

[PR]
a0138032_13281985.jpg

a0138032_13261754.jpg

a0138032_1327243.jpg

a0138032_13273328.jpg

a0138032_13252059.jpg

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
1.『Windsor Tea / Found Tea Rose / unknown』
2.『Eyes for You / Hybrid Hulthemia persica / Peter J.James / UK / 2009』
3.『The Nun / English Rose / Austin / UK / 1987』記憶は曖昧ですがおそらく私のファーストイングリッシュローズ。
4.『Geranium 'Stephanie'』...とタグにはありますがおそらく寄せ植えにした中の生き残り種。
5.『Rosa palustris / Swamp Rose / North America / unknown』
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
年末です。
さて...身辺整理でもいたしましょう。

〜G d D〜

[PR]
a0138032_222258.jpg

a0138032_2233085.jpg

a0138032_224187.jpg

a0138032_2245836.jpg

a0138032_2254240.jpg

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
1.2.4.5.『Hantington Pink Tea』
この薔薇の夏の姿は春よりも更に美しいと思います。
3.『Mme. Maurin』
様々なティーローズを育ててきたけれど、この薔薇は非常にクオリティが高いと思う...。
ついぞ最近...うだるような蒸し暑い朝に咲いた姿です。...存在そのものがラグジュアリー!
ティーローズそのものを敬遠される方にこそ、是非育てていただきたい薔薇です...。
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
オールドローズを愛培されていらっしゃる方々であれば なにかしらひと株はお持ちであろう...。
私は一時期、狂ったようにティーローズを蒐集した時期があった。そして酔いしれた。
これはあくまで薔薇の世界での一般論であるが、皆、口を揃えてティーローズは気難しいと云う。

果たしてそうであろうか...。否定はしません。
今まで数々のティーローズを育ててきたけれど
特別弱いといった印象を持ったことはないのも事実。

他の数々のオールドローズとたいして変わらないと思うのです。
例えば私の尊敬する偉大な薔薇の作出者であり、
その氏が1847年に世に送り出したポートランドの『Blanc de Vibert』という名の薔薇があります。
ポートランドですから気まぐれに返り咲きますが、いちばん美しい状態で咲くはずの春でさえ、
整った形で咲くことは稀です。同じく氏が作出したガリカの『Ombrée Parfaite』などは
非常に美しい花容、特出した花色を持ち、どの薔薇園でも見ることは可能ですが、毎年かなりの厚化粧.笑

私は秋深まる頃に...ぽつんと忘れられたように咲くティーローズも大好きなのですが
強い陽射しを一身に受け、自ら光を放つように咲く
夏のティーローズは格別に美しいと思っています。
温暖な気候を好み、寒さに弱いとされているティーローズ。

欠点のない薔薇などないのです。
むしろ欠点があるからこその...儚さ、そして力強さ。
薔薇に魅了された人々はそのなにかしらの欠点を補ってあまりあるものを
その目で確かなものとして受け止め、心酔する。
他のどの草花...花木とも違う薔薇だけが持ちうるもの。

夏は全てを露にして白日の下にその本性を現すのです。

〜G d D〜

[PR]
a0138032_9284440.jpg

a0138032_92933100.jpg

a0138032_929593.jpg

a0138032_9301930.jpg

a0138032_9304269.jpg

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
1.『カラフトエンビセンノウ(樺太燕尾仙翁 )/ナデシコ科センノウ属』
『lychnos(リクニス)って「炎」を指し示す言葉なんですね。
2.4.『コオニユリ(小鬼百合)/ユリ科ユリ属/Lilium leichtliuii var. tigrinum』
3.『カカリア(紅苦菜)/キク科エミリア属』残念なことに一年草です...w
5.『Rosa sericea pteracantha』今年はべーサルもサイドシュートも激しいです.笑
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
オレンジは夏の色というイメージがあります。
いかにも暑苦しげ。...かと思えば、時々すーっと涼しい顔をする。

〜G d D〜

[PR]
a0138032_20223152.jpg

a0138032_20205140.jpg

a0138032_20213927.jpg

a0138032_2022873.jpg

a0138032_20201145.jpg

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
1.『姫ワタスゲ』昨年尾瀬を訪れた際にはワタスゲはもう終わっていました。
今年は是非、群生している景色に出会いたいものです。寄せ植えの一部。
2.『八重咲きクロユリ』色合いがとても素敵なんです。
3.『ユキザサ』葉と花のバランス。自然界の生き物は本当によく出来ていますね。
4.『Rosa sericea pteracantha』棘ばかりが注目されていますが花も素敵でしょ?あっさり。
5.『Martha Gonzales』すべてが華奢でなんとも素敵な薔薇。
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
もう既に夏の高原を胸に描いています。
靄のかかった飾り気のない何処までも続く花畑。
草いきれと霧の微粒子が混ざった匂い。
雨に濡れたアザミ。
水辺に棲息する数々の生き物たちを。

〜G d D〜

[PR]
a0138032_9104459.jpg

a0138032_9123623.jpg

a0138032_9151166.jpg

a0138032_9154312.jpg

a0138032_916275.jpg

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
1.2.4.5.『Tecophilaea cyanocrocus/ティコフィレア・キアノクロクス』
『ティコフィレア科/ティコフィレア属』
南米原産の高山植物ですが、都内でも栽培は容易です。(あくまでも我が家では)
この花の香りに初めて触れた時の記憶は今でも鮮烈なもの。
薔薇のダマスク香に非常に似た強い香り。ビックリしたのを憶えています。
センターが淡く白く抜ける『〜var. leichtlinii/ライヒトリニー』も美しい。
3.『Oxalis palmifrons/カタバミ科/オキザリス属』
とにかく葉が美しいんです。ですから白い花は咲かなくとも充分満足。
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------

私は一日中植物の事を考えている。
考えない日はないといっていい。
けれど依存せず。寄りかからず。
朝、目が覚めて扉を開け放つ。
狭い坪庭を一瞬にして見渡すとき。
私は四季折々に飛来する鳥になって
空中から俯瞰しているかのような錯覚に陥ることがある。
かとおもえば一匹の小さな虫になって地を這い茎をよじ登り
花芯の奥深くに潜む甘い蜜に辿り着いたような...
そんな叶わぬ夢が過ったりもする。

その日の主役は考えずともすぐに眼中に飛び込んでくる。
それは朝露にしっとりと濡れ今にも開きそうな5月の薔薇であったり。
植えた覚えのない不思議な形をした名も知らぬ草花であったり。
枯れて蔓が裂けたテッセンの葡萄茶色の枝であったりもする。

貴方は『青』という色についてどんなひとを思い浮かべますか?
貴女は『青』という色についてどんなものを思い浮かべますか?

この冬咲いた青い花一輪。
私にとって...それはどの季節に見る青い花より...最も鮮烈であった。

G d D

[PR]
a0138032_155359.jpg

a0138032_1553922.jpg

a0138032_1562885.jpg

a0138032_204457.jpg

a0138032_2179.jpg

------------------------------------------------------------------------------
1.『Mme. Laurette Messimy』夏のあなたは綺麗だね。
2.『Rosa Nitida』実がついたのはたったひとつだけでした。
3.『マルバ・パークアリー』花芯と花びらの色合わせ...とてもシックなタチアオイ。矮性。
4.『クガイソウ/九蓋草・紅チガヤの寄せ植え』とても涼しげです。
5. 八重咲きオニユリ&ミシマサイコ』このオニユリは不思議な事に蕊がないのです。
------------------------------------------------------------------------------
G d D

[PR]
←menuへ