如月色。

a0138032_22221336.jpg

a0138032_16485097.jpg

a0138032_16493193.jpg

a0138032_16501937.jpg

a0138032_1651946.jpg

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
1.『山茶花 / Camellia sasanqua / ツバキ科ツバキ属』 古泥をさらった銅製の水盤に浮かぶ宵闇。
2.『Mme. Antoine Mari / Tea Rose / A.Mari / France / 1901』 唯一無二の存在です.貴女。
3.『Marie Pavié / Polyantha / Allegatiere / France / 1888』 果たして咲くかな...?
4.『Smith Parish / Found Tea Rose or China Rose / unknown』 二月の一日.蕾がたわわです。
5.#3 すべてが華奢。そして多花性。シーズン中、次から次へと蕾をつけます。
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
一年でいちばん寒い季節がやってきました。
路地裏を...見えない曲り角を...垣根を彩る様々な山茶花.寒椿。
身の引き締まる冴え冴えとした朝に。月灯りに照らされた真夜中の舗道に。
私はそのくれないにそっと唇をよせ...知らず知らずのうちに肺に明かりを灯すのです。

今年の冬...貴方さまにはどんな出来事が訪れましたか?
嬉しいこと.悲しいこと.悦ばしいこと.切ない出来事。哀しい出来事。紡ぐ光の糸。

今月...私はまたひとつ歳をとります。
願わくば...私が今までの人生で関わってきた総ての人々に。
縁ある人...縁が繋ぐ人...縁が切れてしまった人...
遠く離れて住む家人友人.それともただの知人.それならばいっそ...行きずりの情人。
切れてしまったように見えてどこかでまだ繋がっていると信じたい.それは縁なるもの。
たとえ今は逢えなくとも...ささやかながらも幸せな日々を送っていて欲しい。
そう願いながら迎える誕生月です。

〜G d D〜

[PR]
by Noir-Z | 2011-02-01 00:00 | 月季
←menuへ