冬あざみ。

a0138032_18455078.jpg

a0138032_18464019.jpg

a0138032_18474976.jpg

a0138032_18483543.jpg

a0138032_18492540.jpg

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
1.5.『もりあざみ / 森薊 / Cirsium dipsacolepis / キク科 / アザミ属』
2.〜4.『アーティチョーク / Artichoke / Cynara scolymus / キク科 / チョウセンアザミ属』
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
私のちいさな書架にある昭和40年代の古い植物図鑑には。
アーティチョークは『あてちょうく』と記載されている。
私にはこの響きがなんとなくではあるが...好ましく思われて。
胸の中では『あてちょうく』、と...今でも呼ばせてもらっている。
以前住んでいた坪庭ではいちばん端に。
庭の番人として居座ってもらっていた。
それでも時々どんな様子なのかを横目で見ながら...
食用ではなく観賞用の花として大切に育てていた。
大きく場所をとりながらも...半日陰でもよく育った。
アカンサスモリスなども然りである。
けれどどちらも...この新しいベランダでの栽培は難しいだろうなぁ...。

もりあざみは立ち枯れても、実に美しい姿を雪が舞い降りる頃まで保ち続ける。
初夏から初秋にかけての名残りを初冬に見るせつなさ...であります。
呼び名は変わっても...季節はお互いに繋がっているんですね。

〜G d D〜

[PR]
←menuへ