寄り草。

a0138032_10105587.jpg

a0138032_10113533.jpg

a0138032_10123084.jpg

a0138032_10131271.jpg

a0138032_10135692.jpg

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
1.5.紅の木(Bixa orellana)烏瓜(Trichosanthes cucumeroides)拾った果実
2.ミシマサイコ(Bupleurum scorzonerifolium)
ツルボ(Scilla scilloides)
白式部(llicarpa japonica form. albibacca)
オグルマ(Inula britannica )
藤袴/玉咲き青花( Eupatorium chinense/Eupatorium fortunei)
松虫草(Scabiosa japonica)
3.ヤンバルガンピ(Wikstroemia indica)
4.黄花コスモス(Cosmos sulphureus)
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------

この秋の寄せ植えは、初夏のミシマサイコに始まり...
秋、松虫草の開花に出逢うまでを想定して昨年仕立てたもの。
此処に見えない草花があと一品種潜んでいます。
隣の鉢からのこぼれ種から〜風に運ばれて此処へ辿り着いたもの。
虫が媒介したもの...小鳥たちが運んだ種の数々。
消えていなくなるもの。新たに命を宿すもの。

宿根草主体の寄せ植えの面白さは経年変化による変貌とそのちいさなサプライズにあります。
季節が映るか...虫が潜むか...雨の雫が宿るか...この隙間こそが寄せ植えの美しさだと思うのです。
まず私自身が隙だらけの人間であり、思いを寄せるひとも、欠点がある人に...より傾き惹かれやすい。

それぞれの草花の持つ色彩がどのように溶け出し...そして織り成されるのか。
私にとっての寄せ植えとはそれがいちばん重要であり惹かれる題材でもあるのです。

丸い鉢であっても四角い浅鉢であっても...。
前もなければ後ろもなく、右もなければ左もない。
そういったつくり方をなんとな〜く心がけています.笑
壁に咲かせる花ではないのですから...。

始まりと終わりを繋ぐいちばん美しい状態の期間がわずか一週間でもあればそれでよい。
それは春を告げる草花の寄せ植えでも夏の光があやなす草花の寄せ植えでも同じこと。

私が育てている草花の中で、一年草は一割にも満たないもの。
ほぼ宿根草か、あとはご存じの通り薔薇...薔薇...薔薇...です.笑
今はその薔薇たちもようやくひと休みといったところ。
私はといえば...ようやく長袖をクローゼットから引っ張り出してきたばかり。
冷たい雨にしどけなく俯くコスモスが美しい...実りの秋の到来です。

〜G d D〜

[PR]
←menuへ