Tea Roses and Last Summer Days。

a0138032_222258.jpg

a0138032_2233085.jpg

a0138032_224187.jpg

a0138032_2245836.jpg

a0138032_2254240.jpg

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
1.2.4.5.『Hantington Pink Tea』
この薔薇の夏の姿は春よりも更に美しいと思います。
3.『Mme. Maurin』
様々なティーローズを育ててきたけれど、この薔薇は非常にクオリティが高いと思う...。
ついぞ最近...うだるような蒸し暑い朝に咲いた姿です。...存在そのものがラグジュアリー!
ティーローズそのものを敬遠される方にこそ、是非育てていただきたい薔薇です...。
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
オールドローズを愛培されていらっしゃる方々であれば なにかしらひと株はお持ちであろう...。
私は一時期、狂ったようにティーローズを蒐集した時期があった。そして酔いしれた。
これはあくまで薔薇の世界での一般論であるが、皆、口を揃えてティーローズは気難しいと云う。

果たしてそうであろうか...。否定はしません。
今まで数々のティーローズを育ててきたけれど
特別弱いといった印象を持ったことはないのも事実。

他の数々のオールドローズとたいして変わらないと思うのです。
例えば私の尊敬する偉大な薔薇の作出者であり、
その氏が1847年に世に送り出したポートランドの『Blanc de Vibert』という名の薔薇があります。
ポートランドですから気まぐれに返り咲きますが、いちばん美しい状態で咲くはずの春でさえ、
整った形で咲くことは稀です。同じく氏が作出したガリカの『Ombrée Parfaite』などは
非常に美しい花容、特出した花色を持ち、どの薔薇園でも見ることは可能ですが、毎年かなりの厚化粧.笑

私は秋深まる頃に...ぽつんと忘れられたように咲くティーローズも大好きなのですが
強い陽射しを一身に受け、自ら光を放つように咲く
夏のティーローズは格別に美しいと思っています。
温暖な気候を好み、寒さに弱いとされているティーローズ。

欠点のない薔薇などないのです。
むしろ欠点があるからこその...儚さ、そして力強さ。
薔薇に魅了された人々はそのなにかしらの欠点を補ってあまりあるものを
その目で確かなものとして受け止め、心酔する。
他のどの草花...花木とも違う薔薇だけが持ちうるもの。

夏は全てを露にして白日の下にその本性を現すのです。

〜G d D〜

[PR]
by Noir-Z | 2010-07-30 22:00 | Dayflower
←menuへ