なつ そうび。〜配役〜

a0138032_194443.jpg

a0138032_1953838.jpg

a0138032_1962720.jpg

a0138032_1973630.jpg

a0138032_1982325.jpg

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
1.『Champney's Pink Ciuster (Noisette) / Champneys / US /1811』
2.『Rosa willmottiae*Rosa willmottiae Hemsl.(Species)』
3.『Harlow Carr (English Rose) / Austin / UK / 2004』
4.『千島紅花苺 / Rubus sp. 学名は確定されておらず。/ バラ科 / キイチゴ属』
5.『屋久島テリハノイバラ』
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
1.春.夏.秋.冬.朝未明.白日.宵闇.どの瞬間.
どの季節に見ても見飽きるという事はない薔薇。
**************************************************************************
2.非常に風情ある実成り。色も実に渋いですね...。
**************************************************************************
3.おそらく今後...どんなに素晴らしいERが作出されようとも
既に私の中では不動の位置。
絶え間なく咲くことが必ずしもよいとは限らないが、
満足を遥かに超える比率で霜が降りる頃まで咲く。
オールドローズの美点をあますところなく備え、ダマスク香を漂わせ、撓る躯に鋭い棘。
棘・棘・棘・棘!!!そして限りなく細い細い枝!!!この愛らしさ!!!(何なんでしょうね.笑)
他に何を求めようというのか...。浅いソーサーは散る間際まで凛としたまま。
気侭に迎え入れた人々から必ず販売店へ賛美の声が届けられるというのも納得である。
**************************************************************************
4.この花は早春に咲いたもの。我が家でいちばん大きな寄せ鉢に植わっている。(直径42cm)
私はこの寄せ植えに名をつけたのだが、
親愛なるアガサ・クリスティーの短編からタイトルを戴いた。
もちろん私の中で勝手にそう呼んでいるだけである。
『砂に書かれた三角形 / Triangle at Rhodes』と。
その浅い皿の上に展開される三角関係/草花たちは...『H. multifidus hercegovinus』、
『糸葉芍薬紅小輪一重』+『亀甲ヤブレガサ』の3点。脇役として黄花紅輪蒲公英、千島紅花苺、
黄斑吾亦紅、屋久島白花蛇苺だったと記憶している。一年後が楽しみである。
**************************************************************************
5.我が家にはテリハは何種類もあって、ヤクシマテリハノイバラ2種、根上がり盆栽仕立て1種、
斑入り(五色)1種、琉球テリハノイバラ1種。
これはどれだっけ?おそらくYさんからのいただきものでいちばん立派な株。
四方八方へさながら噴水のように...風に吹かれるまま靡くように枝垂れて実に見事。
今ちょうど見頃、満開です。
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
〜G d D〜

[PR]
←menuへ