a0138032_1872174.jpg

a0138032_1881315.jpg

a0138032_1884798.jpg

a0138032_1892644.jpg

a0138032_1895623.jpg

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
1.『Martha Gonzales(China Rose)/unknown〜unknown』
2.『Rosa rubrifolia:Rosa glauca (Species) /Southwest Europe/1830』
3.『ヒメニッコウキスゲ(姫日光黄菅/Day Iily)/Hemerocallis middendorffii var. esculenta』
4.『Basye's Purple Rose(Hybrid Rugosa)/Dr. Robert E. Basye/US/1968』
5.『カワラナデシコ/Dianthus superbus(カワラナデシコ同様草丈高く倒れますがおそらく園芸品種)』
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
☆☆☆
☆☆☆
☆☆☆
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
『Rosa rubrifolia』...以前住んでいた一階の坪庭が懐かしいです。
世間は他人事のように前向き前向き...って簡単に云ふけれど。
私は嫌いですね。前向きとかポジティブとかいう『言葉』が。
なんだか電車の中吊り広告の文字のようにしか理解できない。
そんな安っぽい言葉より私は。
目を開けたまま見る夢が好き。

毎年...八月はあっという間に過ぎ去ってしまう。
夏花は短い命。だからこそ美しいのかもしれません。
此処へ越してきてもうすぐ一年になります。

〜G d D〜

[PR]
# by Noir-Z | 2011-08-06 00:00 | Dayflower
a0138032_2036318.jpg

a0138032_20365556.jpg

a0138032_203848.jpg

a0138032_20384667.jpg

a0138032_20392435.jpg

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
1.5.『Rosa Anemonefolra』
2〜4.『Rosa Clynophylla』
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
今年いちばんに咲いた薔薇は前出のチャイナ系実生薔薇の『タニー』。
そして終わりの季節を彩ってくれたのが今回の『Rosa Anemonefolra』でした。
驚いたことに今日現在も2〜3輪咲いています。
『Rosa Clynophylla』もすっかり逞しくなりました。
気まぐれに夏にぽつんと一輪咲いたりしますが...どうやら水切れには滅法弱いみたい...デス。

〜G d D〜

[PR]
# by Noir-Z | 2011-07-22 20:00 | Rosette
a0138032_3291786.jpg

a0138032_330038.jpg

a0138032_3304131.jpg

a0138032_3312883.jpg

a0138032_3321541.jpg

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
1〜5.チャイナ系実生薔薇『タニー』☆☆☆
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
2011年、薔薇のシーズンの幕開けを飾ったのは。
瑞々しくも麗しい...この可憐な薔薇でした。

姿も見せずに花びらを散らす悪戯な風に。
容赦なく燦々と照りつける陽射しに。
そして音もなく花びらへと降りてくる優しい雨に。
儚くも名残惜しいその姿はわずか三日間の命。

また来年逢おうね。
きっと、ね。

〜G d D〜

[PR]
a0138032_311793.jpg

a0138032_313541.jpg

a0138032_12251418.jpg

a0138032_33680.jpg

a0138032_12261676.jpg

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
1.『ラナンキュラス / Ranunculus hybridus / キンポウゲ科キンポウゲ属』
2.『ヒヤシンス / 風信子 / Hyacinthus orientalis / ユリ科ヒヤシンス属』
3.『#36 / ヘレボルス / Helleborus. torquatus hybrids / キンポウゲ科』
4.『ラナンキュラス / Ranunculus hybridus / キンポウゲ科キンポウゲ属』
5.『#24 / ヘレボルス / Helleborus. Double Dumetorum hybrids / キンポウゲ科』
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
真冬といえども。
一度園芸に手を染めてしまった者はいつになく忙しい。
秋から冬へと移行する時節に手をかけた球根植物の行方。
沈丁花や梅が辺り一面にそのふくよかな匂いを漂わせ....
室内を彩るヒヤシンスは徒長し...やがては萎れてゆく。
薮椿が散り...ヘレボルスの種が弾け...あたり前のように薔薇の季節がやってくる。
私はその花本来の花期とは関係なく...いつでもそれらを見守っている。

緑を愛し、薔薇を心底憎み、椿や夾竹桃の美しさを讃えたあなた。
共に植えた桃の樹はさぞや大きく育っていることでしょう。
あなたは表を大きな花木で彩り。
わたしは玄関へと繋がる裏側を.地を這うきんぽうげで埋め尽くした。
郊外の里山に燦々と降り注ぐ春の陽光を浴びて揺れる花桃の枝先。
今年はいったいどんな貌を魅せてくれるのでしょうか。

そんなあなたの誕生日は奇しくも薔薇が満開になる季節。
わたしは花のない凍てつく季節に生まれた。
今月またひとつ歳をとります。
鍵を開けてくれたあなたに。
こころからありがとう、です。

〜G d D〜

[PR]
a0138032_21531530.jpg

a0138032_21534435.jpg

a0138032_21542444.jpg

a0138032_21551113.jpg

a0138032_21554940.jpg

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
1.〜5.『山茶花 / Camellia sasanqua / ツバキ科ツバキ属』
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------

牛のようなあたし。
馬のようなあなた。
嗚呼...素敵...無敵ね。
恐いものなど...もう何もないのね。

肌が泡立つわ。
水疱瘡になるんじゃないかしら。
水疱瘡になったら貴男。
ひとつ残さず口で吸い取って頂戴な。
決して吐き捨てたりしないでよ。

ほら、貴男...御覧になって。
あたしのこの二の腕を。
あのおんなにそっくりじゃないの!
貴男もご存じの。
貴男もご存じの。
あのおんな。

そう...もう忘れたの?
水疱瘡なんて。
とうの昔の。
子供の頃に味わって。
まるでなかったことのように。
忘れてしまうのが一番いいわ。
麻疹と同じよ。

あたしは牛のような恐ろしいおんなよ。
どうぞ...どうぞ、覚悟して頂戴ね。
あたしも覚悟を決めたのよ。
あなたが馬のようなおとこだと知ったあの日から。

牛のようなあたし。
馬のようなあなた。
嗚呼...素敵...無敵ね。

嗚呼...可笑しい...!!!
可笑しいわ!!!!!
可笑しいったらないわ!
黙っていないでなんとか応えたらどうなのよ!
あなた!
可笑しい...!!!嗚呼.....可笑しいわ!!!!!
笑いが止まらないわ!
何がこんなに可笑しいのかしら?
足りない頭のせいかしら?
足りない気持ちのせいかしら?
嗚呼.....あなたったら!!!
黙っていないで。
なんとか応えたらどうなのよ!
あなた!

〜G d D〜

[PR]
a0138032_22221336.jpg

a0138032_16485097.jpg

a0138032_16493193.jpg

a0138032_16501937.jpg

a0138032_1651946.jpg

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
1.『山茶花 / Camellia sasanqua / ツバキ科ツバキ属』 古泥をさらった銅製の水盤に浮かぶ宵闇。
2.『Mme. Antoine Mari / Tea Rose / A.Mari / France / 1901』 唯一無二の存在です.貴女。
3.『Marie Pavié / Polyantha / Allegatiere / France / 1888』 果たして咲くかな...?
4.『Smith Parish / Found Tea Rose or China Rose / unknown』 二月の一日.蕾がたわわです。
5.#3 すべてが華奢。そして多花性。シーズン中、次から次へと蕾をつけます。
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
一年でいちばん寒い季節がやってきました。
路地裏を...見えない曲り角を...垣根を彩る様々な山茶花.寒椿。
身の引き締まる冴え冴えとした朝に。月灯りに照らされた真夜中の舗道に。
私はそのくれないにそっと唇をよせ...知らず知らずのうちに肺に明かりを灯すのです。

今年の冬...貴方さまにはどんな出来事が訪れましたか?
嬉しいこと.悲しいこと.悦ばしいこと.切ない出来事。哀しい出来事。紡ぐ光の糸。

今月...私はまたひとつ歳をとります。
願わくば...私が今までの人生で関わってきた総ての人々に。
縁ある人...縁が繋ぐ人...縁が切れてしまった人...
遠く離れて住む家人友人.それともただの知人.それならばいっそ...行きずりの情人。
切れてしまったように見えてどこかでまだ繋がっていると信じたい.それは縁なるもの。
たとえ今は逢えなくとも...ささやかながらも幸せな日々を送っていて欲しい。
そう願いながら迎える誕生月です。

〜G d D〜

[PR]
# by Noir-Z | 2011-02-01 00:00 | 月季
a0138032_2082076.jpg

a0138032_208189.jpg

a0138032_2010662.jpg

a0138032_20103974.jpg

a0138032_20111633.jpg

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
1.#26 兎に角...小輪で可愛らしいです。
2. 『Miss Caroline』
3.『Rosa Willmottiae』
4.『Stanwell Perptual』
5. #7
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
〜G d D〜

[PR]
# by Noir-Z | 2011-01-23 20:00 | Dayflower
a0138032_2047459.jpg

a0138032_20482514.jpg

a0138032_2049544.jpg

a0138032_20493391.jpg

a0138032_2050761.jpg

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
1.2.4.『Mme. Melanie Willermoz』
3.5.『四季咲き山椒薔薇』
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
絶え間なく薔薇の咲く冬です。
Mme. Melanie Willermoz。
儚いTea Roseは秋よりも更にふっくらと。
日に日に蕾を膨らませています。
寒さに痛んでいるけれど。
凍えて病んでいるけれど。

とても綺麗でしょう。

〜G d D〜

[PR]
# by Noir-Z | 2011-01-17 20:54 | Dayflower
a0138032_13281985.jpg

a0138032_13261754.jpg

a0138032_1327243.jpg

a0138032_13273328.jpg

a0138032_13252059.jpg

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
1.『Windsor Tea / Found Tea Rose / unknown』
2.『Eyes for You / Hybrid Hulthemia persica / Peter J.James / UK / 2009』
3.『The Nun / English Rose / Austin / UK / 1987』記憶は曖昧ですがおそらく私のファーストイングリッシュローズ。
4.『Geranium 'Stephanie'』...とタグにはありますがおそらく寄せ植えにした中の生き残り種。
5.『Rosa palustris / Swamp Rose / North America / unknown』
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
年末です。
さて...身辺整理でもいたしましょう。

〜G d D〜

[PR]
# by Noir-Z | 2010-12-29 07:00 | Dayflower
a0138032_20253290.jpg

a0138032_20261464.jpg

a0138032_20264891.jpg

a0138032_20272294.jpg

a0138032_20275817.jpg

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
1.姫蓼(ヒメタデ)
2.Brassavola nodosa(Lady-of-the-night orchid) & Rosa chinensis var. 'spontanea'
3.Alsobia 'Cygnet'(アルソビア シグネット) & Episcia(エピスシア 'スオミ')
4.飛び込み菊*クミンさん、この菊で〜す.^^
5.Viola sororia 'Freckles'(ビオラ ソロリア ‘フレックルス’)
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------


〜G d D〜

[PR]
←menuへ